[書籍紹介] 世界のニュースがわかる! 図解地政学入門

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

おはようございます。不動産鑑定士のreatipsです。

ゴールデンウィークの中日ということで、本日もゆるめの内容です。最近気になっていた地政学の本をゴールデンウィーク前半に読んでみました。

そもそも地政学とはどんな学問なんでしょうか

地政学

地政学(ちせいがく、英: Geopolitics:ジオポリティクス、独: Geopolitik:ゲオポリティク、仏: Géopolitique:ジェオポリティク)は、地理的な位置関係が政治、国際関係に与える影響を研究する学問である。

地政学とは地理的な環境が国家に与える政治的、軍事的、経済的な影響を巨視的な視点で研究するものである。イギリス、ドイツ、アメリカ合衆国等で国家戦略に科学的根拠と正当性を与えることを目的とした。「地政学的」のように言葉として政治談議の中で聞かれることがある。

引用:wikipedia|地政学

端的にいうと、地理的条件から国家の行動を考察する学問です。島国という日本はその地理的な条件から国際社会の中でどのように行動するのか、これは尖閣諸島などの問題にもつながってきます。また、世界大戦の中では地理的条件はどのように各国に作用したのか。このような様々な問題を世界における場所的な位置から検討します。

学問としては古くからあったようですが、最近人気で都内の書店に行くとコーナーができているところもありますね。週刊ダイヤモンドで特集が組まれていたことも影響しているんでしょうか。

まずは導入的な本を読みたいなと思いまして、高橋洋一氏の「世界のニュースがわかる! 図解地政学入門」を購入してみました。

20160502

高橋洋一氏は元々財務官僚で、現在は日本の経済政策についての提言をたくさんなされている方ですね。著者が好きだったので作者買いでこの書籍を選びました。

内容は中国や、ロシア、ヨーロッパやアメリカなどの各国が地理的条件からどのような戦争を引き起こし、現在はどのような思惑で行動をしているのかという説明に大半が当てられています。

地政学的な考え方を取り入れることによって日頃のニュースの見方も変わるのでは?

著者(高橋洋一)さんの書籍ではさすが東大数学科出身ということもあり、数字を扱ったものも面白いです。

ブログランキング

ランキング参加中です
にほんブログ村 士業ブログ 不動産鑑定士へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク