不動産鑑定士が不動産実務に役に立つ情報(TIPS)を綴ります

不動産実務TIPS

「不動産実務」 一覧

不動産実務

地域、地区又は区域、街区の違いを説明します。

2017/06/21   -不動産実務

宅建試験を始めた頃、戸惑ったのは「地域」「地区」「区域」「街区」など似たような言葉が多く使われているということでした。 そして今でも書類を作成するときに河川保全地域だっけ?河川保全区域だっけ?などと悩 ...

不動産実務

既存不適格建築物とは?違法建築物との違いも解説します。

2017/06/19   -不動産実務

中古住宅の流通化を推し進める中で、調査上気をつけたいのが建物の遵法性です。遵法性(じゅんぽうせい)とは法律を守ってそれに従っているかどうか。つまり建物が適法に建てられているかどうかということですね。 ...

不動産実務

特定用途制限地区とは?特別用途地区や用途地域との違いは何?

2017/06/19   -不動産実務

用途地域の指定されていない郊外に駅や高速道路のインターチェンジなどが新設されると、便利になる反面、周辺環境に悪影響を及ぼす建築物が増えることも事実です。 その際、よく利用されるのが「特別用途制限地域」 ...

不動産実務

下水道の種類には何がある?公共下水道・特環・農集排などの違いをまとめてみました。

2017/06/16   -不動産実務

下水と簡単に言いますが、下水道には公共下水道、特定環境保全公共下水道、農業集落排水などたくさんの種類があります。 実務に長けている人でもこれらの違いって意外とあいまいなんですよね。今回は下水道の種類に ...

不動産実務

都市計画法の地域地区には何がある?

2017/06/04   -不動産実務
 

おはようございます。不動産鑑定士のreatipsです。FACEBOOKでも更新情報を流しているので、よろしかったら”いいね”や”シェア”をお願いします。 参考 不動産実務TIPS|FACEBOOKペー ...

不動産実務

容積率とは?その計算方法や特例をまとめてみました。

2017/05/22   -不動産実務

家を建てるとき、どれだけの大きさの建物を建てられるかは、その地域の「建ぺい率」と「容積率」が何パーセントかに大きく依存します。 前回は建ぺい率について記事を書きましたので、今回は容積率について説明した ...

不動産実務

建ぺい率(建蔽率)とは?その計算方法は?

2017/05/20   -不動産実務

家を建てるときに押さえていけないといけない単語”建ぺい率”と”容積率”。今回は建ぺい率について説明してみます。 建ぺい率とは?計算方法は? まずは建ぺい率(建蔽率)の定義を確認しましょう。 建蔽率(け ...

不動産実務

中古建物(中古マンション・アパート)の耐用年数はどう計算する?

2017/05/13   -不動産実務

中古建物を取得した場合、建物を減価償却計算しなければなりません。税法で規定されている耐用年数を法定耐用年数などと言いますが、その年数をそのまま採用して良いのでしょうか? 新築された年から経過した年数( ...

不動産実務

普通借地権と定期借地権の違い。旧借地権とは何?

2017/05/08   -不動産実務
 

先日定期借地権の種類とそれぞれの特徴についてまとめました。 定期借地権の種類と違い。それぞれのメリットとデメリットのまとめ では、定期借地権以外の借地権にはどのようなものがあるでしょうか?普通借地権や ...

不動産実務

定期借地権の種類と違い。それぞれのメリットとデメリットのまとめ

2017/05/02   -不動産実務
 

定期借地権の制度は平成3年10月に新借地借家法が成立し、平成4年8月1日に施行されることにより制度化されました。 従来からの更新が認められる借地契約を普通借地権と呼ぶのに対し、新設された更新されない借 ...

Copyright© 不動産実務TIPS , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.