土地の地目とは?種類にはどんなものがあるの?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

地目とは土地の登記事項の一つであり、土地の用途による分類をさします。登記官がその土地を総合的、客観的に判断して認定することとされており、不動産登記法によりその種類は23種類に区分されています。

地目を認定に当たっては、「土地の現況および利用目的に重点を置き、部分的にわずかな差異の存するときでも、土地全体としての状況を観察して定めること」とされています(準則第68条)。これが地目の認定が現況主義といわれる所以です。

登記に定められる地目と、相続税などの税に関する地目は若干異なります。

参考:法務局の登記地目、相続税や固定資産税の課税地目の種類

また、地目の登記にあたってはいわゆる中間地目の登記はできないこととされています。中間地目とはある地目から他の地目に変更される過程にある土地の状況を通称する実務用語ですが、利用目的が変更される途中のものであることから、変更の過程では未だ地目の変更は認められず、中間地目の登記申請はできないとされています。

具体的には畑を宅地に転用する場合です。住宅を建築する場合において、土砂を搬入し粗造成が終わった段階で雑種地としての登記が認められるでしょうか?この場合は中間地目としての雑種地の登記は認められません。

地目の種類についても23種類に限定されるのであって、これ以外の地目が認められることはありません。建物の種類は主なものについては定めがありますが、定めに該当しないものについてはこれに準じて名称を付けられます。

第99条(地目)
地目は、土地の主な用途により、田、畑、宅地、学校用地、鉄道用地、塩田、鉱泉地、池沼、山林、牧場、原野、墓地、境内地、運河用地、水道用地、用悪水路、ため池、堤、井溝、保安林、公衆用道路、公園及び雑種地に区分して定めるものとする。

登記地目の種類と定義、その具体例をまとめてみました。

土地の登記地目

参考:土地の登記地目(PDF)

ブログランキング

ランキング参加中です
にほんブログ村 士業ブログ 不動産鑑定士へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク