不動産鑑定士が不動産実務に役に立つ情報(TIPS)を綴ります

不動産実務TIPS

ツール

距離を測るのに一世を風靡した道具、キルビメーターを紹介します。

更新日:




今となっては化石のようなツールとなってしまいましたが、キルビメーターってご存知でしょうか。古くから不動産に携わっている会社なら多分引き出しの奥に眠っているんじゃないでしょうか。中にはまだ現役で使っているよ!なんて方もいらっしゃるかも知れません。

20160205 001

今日はそんなちょっと時代錯誤なツール、キルビメーターについて紹介していきたいと思います。

キルビメーターとは

キルビメータ(curvimètre)は、図面上の曲線の長さを測る道具。曲線計とも。主に地図上の道路、鉄道などの距離を測るのに用いる。

構造は先端に小さな車輪がついておりそれを図面上で転がすことにより計測する。 マップメジャーとも言い縮尺の設定により計測結果として直接距離を求められるようになっている。

引用:wikipedia

定義はウィキペディアに書いてあるとおりですが、2点間の距離を測定する道具になります。不動産を調査する上で欠かせないのがその物件から駅や店舗、小学校までの距離を測定することです。距離の測定方法には直線距離道路距離とがありますが、一般的に用いられるのは道路をとおってどのくらいの距離かを示す道路距離をよく使用します。

キルビメーターの使い方

キルビメーターは先端のローラーがついている部分と時計のような目盛りが付いた部分に分けられます。ローラーをコロコロ転がすと針が進みます。その目盛りを読んで距離を測るのですが、通常1万分の1のほか、2万5000分の1などの目盛りが付いているので、地図の縮尺に合わせた数字を読み取っていきます。

ローラーを道路に沿って転がすんですが、手作業なので何度測定しても違った値になることはままあることです。昔はそれぐらいの誤差は十分許容範囲だったっていうことでしょうか。

現在の距離測定方法

今でもたまーにキルビ(キルビメーターを略してキルビと呼びます)を使って距離を測っている方も見かけますが、絶滅危惧種っていうぐらいに少なくなりました。今はgoogleマップなどのネット地図やマップル、マップファンネットなどの地図ソフトを使って計測する方が主流です。利点は簡単なこと、測定した結果を残せること。そして何より正確なことです。

不動産を扱った仕事をしていると1物件に付き何か所も距離を測らなくてはいけませんし、測りたい場所(2地点)が同じ地図に収まっているとは限りません。楽して距離を測るには文明の利器に頼るのが一番です。

まとめ

机の整理をしていたらキルビメーターが出てきたので記事にしてみました。昔は毎日のように使っていた道具ですがもう数年使っていませんね。10年以上使っていないかもしれません。

最近比較的若い知り合いの話を聞いていたら、地図ソフトもキルビメーターも使わず、普通の定規を道路に当てて距離を測っているなんてツワモノがいましたが、面倒ですし何しろそれで測った数字って正確なの?と疑問に思ってしまいますね。

自分には使いやすいツールであっても向き不向きがあるので何とも言えませが...

デジタルならこちら

使い方をまとめた記事も書きました。

キルビメーターを使えないって?使い方教えます。

 

広告




広告




-ツール
-

Copyright© 不動産実務TIPS , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.