不動産鑑定士が不動産実務に役に立つ情報(TIPS)を綴ります

不動産実務TIPS

ツール

拡張子を消したい。表示/非表示の設定方法

投稿日:

パソコンのファイルには拡張子があります。デフォルトでは拡張子は表示されない設定になっていますが、windowsのバージョンアップなど知らないうちに表示になっていることがたまにあります。

拡張子って表示されると邪魔で見づらくなりますよね。今日はファイル拡張子の非表示/表示の変更方法について説明します。

スポンサーリンク

まず、拡張子とは?

ファイル名の後に3文字程度のアルファベットの記号がありますね。それが拡張子です。拡張子はファイルの種類をあらわしています。エクセルなどはバージョンによっても拡張子が違いますね。

代表的な拡張子

  • .doc|Word 97 ~ 2003 のファイル形式
  • .docx|Word 2007 以降のファイル形式
  • .xls|Eccel 97 ~ 2003 のファイル形式
  • .xlsm|Eccel 97 ~ 2003 のファイル形式
  • .pdf|PDF形式
  • .txt|テキスト形式

 

拡張子が表示されている状態では、パソコンの画面は次のようになります。

ファイル名の後に「.jpg」「.pdf」という拡張子が表示されているのが分かります。拡張子を表示させていると、間違って拡張子を変更してしまった場合、適正にファイルを開くことができなくなります。また、表示名も長くなり単純に見づらいですね。

基本的には拡張子を変更することはないので、ほとんどの人は拡張子を非表示の設定にしているんではないでしょうか。

拡張子の表示/非表示の設定

続いて、拡張子の「表示/非表示」の設定方法を説明していきます。今回は拡張子を非表示にする方法を元に紹介していきます。

フォルダを開いてみましょう。上にタブがありますので「表示タブ」を選択します。すると「ファイル名拡張子」というチェック項目がありますので、このチェックを外しましょう。チェックされていると拡張子が表示されます。

すると、拡張子が消えました。もちろん表示の上で消えているだけで、ファイルには何も問題は生じていませんのでご安心ください。

大事なことですが、このファイル拡張子の「表示/非表示」の設定はすべてのファイルに影響を与えます。フォルダ毎にファイルの表示/非表示を変えるということはできません。

 

 

 

PICK UP記事と広告



-ツール

Copyright© 不動産実務TIPS , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.