間違えて送ってしまったメールを簡単にキャンセルする方法[Gmail]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

最近は時事ネタを追う記事ばかりを書いていたので、今日はメールのTIPSを。

メールは何を使っています?

友達との連絡のやりとりはほぼLINEで済ますことができますが、メールアドレスが必要な場合もまだまだたくさんあります。そんなとき私はGmail(ジーメール)を使っています。

間違えて送信ボタンを押してしまってもキャンセルできる

パソコンのGmailの画面でメールを送信すると、次のようなメッセージがでると思います。

設定をしていないと、このTIPSは使えないんですが、間違えてメールを送信してしまってもキャンセルをすることができるんです。そう。Gmailならね!

設定をしてみましょう。Gmail画面の右上に歯車(ギア)のマークがあります。これはオプションのメール設定を変更するボタンです。

上のような画面が開きます。[全般]の下へ進みましょう。

[送信取り消し]ボタンが現れます。

送信取り消し機能を有効にする。にチェックを入れましょう。

取り消せる時間は5秒~30秒の間で設定することができます。30秒は長いかな?と思いますが、感覚で決めてしまえばいいでしょう。

実際にメールをキャンセルしてみる。

実際にメールを作成し送信ボタンを押してみます。そうすると、先ほどとは違って[取消]というボタンが現れることが分かります。

取消ボタンを押してみましょう。取り消された旨のメッセージが表示されます。

では、取り消されたメールはどこへ行ったんでしょう?せっかく長く書いたメールがなくなってしまうのは寂しいですね。一からまた文章を書くのも大変です。

メールの文章を再度利用したいときは[下書き]を見てください。このように下書きボックスに先ほど取り消されたメールが残されていました。

ブログランキング

ランキング参加中です
にほんブログ村 士業ブログ 不動産鑑定士へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク