温室、ガラスハウスの解体費用(取壊し費用)はどのくらいかかる?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

おはようございます。不動産鑑定士のreatipsです。

鑑定評価業務で携わっている案件にガラス製の温室(ガラスハウス)があり、その取壊し費用を見積る必要がでてきました。

見積りは知り合いのところにいつもお願いしているのですが、まずは一般的にはどのぐらいの解体費用がかかるのかをネットで少し前調べしてみました。

zoom_01

ガラスハウスとは、農作物の栽培などに用いられるガラス張りの温室のことをいいます。似たものにビニールハウスがありますが、ビニールハウスよりも耐久性や密閉性に優れています。高機能なものだと窓の開閉が全自動だったり、温度管理までしてくれるようなものもあるみたいですね。

今回扱ったのは単なるガラス製の温室でその他の機能は有していません。

解体例

事例1

温室ハウスの撤去工事として72万円がかかった事例を見つけることができました。ガラスハウスの大きさは記載されていなかったものの、写真から推察すると60~80㎡でしょうか。

平米単価:9,000円~12,000円

事例2

庭の小さな温室の解体工事の例です。ガラスとアルミのフレームで作られた構造で、木曽はブロックを組んで作られていたようです。土の掘り返しは不要とのことです。

約2坪ほどで18万円との記載がありました。

平米単価:27,000円

規模が小さいですし、庭での手作業という要因もありかなり単価では高めになっています。

事例3

岐阜県がガラス温室の解体工事のために予算要求している資料もでてきました。

建物概要

建物名称:温室
構  造:鉄骨造ガラス屋根平家建
面  積:56.7平米

予算要求額は923,000円です。

平米単価:16,300円

解体費用まとめ

解体費用は個別性が強いので一般的な水準いくらと言いづらい部分が多々あります。県の予算要求資料の坪当たり5万円を上限として、坪4万円ぐらいが標準的といったところでしょうか。

私が携わっている案件は300㎡と結構大きいものでした。見積りをとってみたところ、150万円程度と思ったより安くあがりそうです。

平米単価:5,000円
坪単価:1万6000千円

実際私が取り壊すのではないのでかための金額(安く叩いたような金額じゃない水準)で見積りしてね。とお願いしてあったので、実際競合する業者がいれば坪1万円でも時期と場所によってはやれないこともないようなことを話していました。

ですが、ガラスということなのでやはり重機は使えないようです。ほぼ手作業になるとのことでした。今回は300㎡と大きなガラスハウスだったので単価では安く解体が出来そうでしたが、庭においてあるような小さなものではやはり坪3~4万円くらいはかかるようですね。

その他ガラスハウスについて

ガラスハウス・ビニールハウスについては、建物としての登記が可能かどうかということがよく問題になります。

建物として認められる要件としては次の3つがあります。

  1. 外気分断性
  2. 定着性
  3. 用途性

ビニールハウスに関していえば、何となく全部具備していそうな気がしますが、実は建物としては認められません。定着性とは当該建物が永続的に利用されることを目的とした要件であり、言い換えれば永続性ともいえます。ビニルハウスはビニールが屋根および周壁として外気を分断していますが、材質上永続性に問題があるのです。

しかしながら、同じ温室でも屋根および周壁が強固なガラスを用いている場合(ガラスハウス)には建物として登記が認められるものが多いです。

ブログランキング

ランキング参加中です
にほんブログ村 士業ブログ 不動産鑑定士へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク