アパート・マンションの建築費用はいくら?坪単価の相場は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

おはようございます。不動産鑑定士のreatipsです。FACEBOOKでも更新情報を流しているので、よろしかったら”いいね”お願いします。

参考:不動産実務TIPS|FACEBOOKページ

アパート・マンションの収益物件の評価を数棟行っていました。その際、アパートの建築費用を概算、計算する必要があるんですが、アパートやマンションを建築するにはいったいいくらぐらいの費用が必要なんでしょうか。

鑑定評価上は付き合いのあるゼネコンにヒアリングして教えてもらったりしていたんですが、統計ではどのようになっているのかが気になったので、国土交通省の発表している住宅統計調査を調べてみました。

URL:国土交通省|建築着工統計調査報告(平成27年計分)

分析に使用している統計データは2015年の住宅着工統計、「34.(新築住宅)利用関係別、構造別、建て方別(住宅の工事費)/戸数、床面積、工事費予定額、1戸あたり工事費予定額、1平米あたり工事費予定額」になります。

一戸当たりの工事費予定額は、建築主別、資金別、構造別の3種類が公表されていますが、木造や鉄骨造など構造の違いによる建築単価の相場を調べるために構造別を採用しています。

  • 建築主別…国等の地方公共団体、会社、会社でない、個人
  • 資金別…民間資金住宅、公営住宅、住宅金融支援機構住宅、都市再生機構住宅
  • 構造別…木造、鉄骨鉄筋コンクリート造、鉄筋コンクリート造、鉄骨造、コンクリートブロック造

構造別のアパート・マンションの建築単価

国交省の統計資料(住宅着工統計)をもとに、貸家の共同住宅を構造別にまとめたのが下の表です。

県別にも公表されていますが、全国の数字を採用しています。建築単価と坪単価のみを抜き出して表にしてみました。

戸建てのアパートなどもあるので、実際の共同住宅はもっと戸数が多いですが、年間23戸も建築されているんですね。

アパート・マンションの建築単価・坪単価

木造のアパートであれば坪55万円程度、SRC造、RC造、S造ではほぼ同じような金額、坪70万円程度という結果になりました。

構造建築単価坪単価
総計204,532676,139
木造164,319543,202
鉄骨鉄筋コンクリート造213,707706,471
鉄筋コンクリート造214,510709,124
鉄骨造213,297705,116
コンクリートブロック造144,295477,010
その他162,826538,266

実際には建築単価は間取りによっても異なります。1Kの単身者用と3LDKのファミリー向けのマンションではやはり異なりますよね。1Kの方が壁や建具、設備が増えるので単価は高くなる傾向にあります。

アパート・マンションの平均的な大きさ

せっかくなのでもう少し分析してみます。平成27年に建てられたアパートの平均的な一戸の大きさを計算してみました。

間違えていけないのは、住宅着工戸数で発表されている戸数は、棟数ではありません。10戸のアパートが1棟あれば、それは10です。

構造一戸当たりの大きさ
総計45.2
木造35.0
鉄骨鉄筋コンクリート造46.8
鉄筋コンクリート造49.0
鉄骨造47.9
コンクリートブロック造52.5
その他45.4

構造別の数字を見てみると、木造だけ小さく、その他は大きいことが分かります。木造は35㎡なので単身者用が多いことが分かります。その他の40㎡半ばですと、1LDKや2DKぐらいの大きさでしょうか。

一戸当たりの大きさでいうと、県別の数字も分析してみたいですね。東京などの都心と田舎ではどのぐらい大きさが違うんでしょうか。田舎の方が広そうな気もしますが、東京の方がファミリー向けの物件が充実している気がするので、案外東京の方が一戸当たりの大きさが広いかもしれません。

ブログランキング

ランキング参加中です
にほんブログ村 士業ブログ 不動産鑑定士へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク