不動産鑑定士が不動産実務に役に立つ情報(TIPS)を綴ります

不動産実務TIPS

不動産実務

位置指定道路(5号道路)は私道?その申請と廃道についてのまとめ

更新日:

家を建てるためには原則として敷地が建築基準法上の道路に接面している必要があります(接道義務)

建築基準法の道路にはどんな種類のものがあるのかは以前書いたのでこちらを参照ください。

第42条の道路の種類。建築基準法の道路を調べてみました。

建築基準法(以下、建基法または法といいます)第43条1項には「建築物の敷地は、幅員4m以上の道路に2m以上接しなければならない」との規定があります。これは有名な「接道義務」と言われるものです。 接道義 ...

続きを見る

今回はその内の一つ、位置指定道路(5号道路)についてまとめてみました。

2016-06-14_09h16_15

位置指定道路とは

ほとんどの道路は何らかの法律に基づいて築造されます。市町村道ならば道路法、開発道路ならば都市計画法ですね。位置指定道路はこのような法律に基づかない道路で、特定行政庁からその位置の指定を受けたもののことを指します。

私道の大勢を占めるのがこの位置指定道路です。

建築基準法第42条1項5号(位置指定道路)

土地を建築物の敷地として利用するため、道路法 、都市計画法 、土地区画整理法 、都市再開発法 、新都市基盤整備法 、大都市地域における住宅及び住宅地の供給の促進に関する特別措置法 又は密集市街地整備法 によらないで築造する政令で定める基準に適合する道で、これを築造しようとする者が特定行政庁からその位置の指定を受けたもの

位置指定道路は公道?私道?

先に書いたとおり、位置指定道路は私道です。所有についても分譲地の購入者が共有(分有)しているケース、分譲業者が所有権を有しているケースがほとんどです。

しかしながら、一部の位置指定道路の中にはその後市町村へと移管され公道になっているものもあります。分譲時には位置指定道路であったものの、その数年後に市道認定されたケースなどが最たる例ですね。

位置の指定を受けるには?

位置指定道路として位置の指定を受けるにはいくつかの技術的基準を満たす必要があります。以下列挙しますが、自治体によって異なりますので代表的なもののみとします。

  • 道路延長(行止りの場合は原則35m以内)

2016-06-13_20h02_56

  • 道路幅員(4m又は6m以上)
  • すみ切りを設けていること

2016-06-13_20h00_58

  • 舗装はアスファルト簡易舗装と同等以上
  • 縦断勾配は9%以下を基準として最大でも12%までとすること
  • 必要な排水設備(側溝等)を設けていること
  • 道路部分を分筆し、地目を「公衆用道路 」としていること

公告について

指定道路が新たに指定された場合、次の項目が公告されます。

  1. 指定番号
  2. 指定道路の種類
  3. 指定の年月日
  4. 指定道路の位置
  5. 指定道路の延長
  6. 指定道路の幅員

2016-06-13_20h06_57

宮城県や福島県なんかは、道路位置指定の広告をホームページできちんとまとめてくれているんですね。分かりやすいです。

参考福島県|位置指定道路を公告しました

参考宮城県|道路位置指定公告

PICK UP記事と広告



-不動産実務
-,

Copyright© 不動産実務TIPS , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.