”iPhoneがコンピュータから取り外されたため、iPhoneをバックアップできませんでした”の対処方法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

business_large

iPhoneが壊れてしまったので、新しいiPhoneにデータを復元していました。バックアップの復元にはiCloudからの復元もありますが、iCloudにはデータ容量に制限があります。パソコンを日常的に使っている場合はiTunesからバックアップを復元するのが便利です。

いつものように新しいiPhoneを Lightning ケーブルでパソコンとつなげてバックアップデータを復元しようとしたら、途中でエラーが出て止まってしまいました。

iPhoneがコンピュータから取り外されたため、iPhoneをバックアップできませんでした

iPhoneがコンピュータから取り外されたため、iPhoneをバックアップできませんでした

最初はコネクタが悪いのかな?と思い Lightning ケーブルを交換したりしてみたんですが、うまくいきません。検索みると同じようにバックアップの復元でつまづいている人がたくさんいました。

せっかくなので、エラーの対処法いついてまとめてみました。

対処法1:Lightning ケーブルを交換する

まずは物理的な不具合を疑ってみましょう。Lightning ケーブルの交換をします。家を探してみればLightning ケーブルは何本かあるはずです。違うLightning ケーブルで復元をするとうまく復元されるときがあります。

aaa

試した結果

復元ならず。私の場合、Lightning ケーブルが原因ではなかったようです。

対処法2:iTunesを最新版にアップデート

iTunesが古いと復元がうまくいかない場合があるようです。iTunesのバージョンを確認し、古いバージョンなら最新版にアップデートしてみましょう。

試した結果

復元ならず。そもそもiTunesが最新版でした。

2016-10-15_07h46_48

対処法3:パソコン・iPhonesを再起動してみる

パソコンやiPhonesで不具合があったら、とりあえず再起動してみる。っていうのはみんなが誰しもやってみる対処法です。

対処法を検索すると、「とりあえず再起動してみろ」という対処法なのか分からない対処法をとりあえず試してみます。

試した結果

復元ならず。やはりそうは簡単にはなおらないですね。

対処法4:バックアップデータの削除

iPhoneのバックアップデータに問題がある場合が多いようです。既存のバックアップデータを移動(又は削除)して、再バックアップ、そして復元を試みます。

この方法はやや難しいので少し詳しく説明していきます。

バックアップデータを探す

バックアップデータってどこにあるんでしょうか?Appleのサイトにも記載がありますが、具体的に説明していきます。

参照:Apple:iPhone、iPad、および iPod touch のバックアップを探す

まずは、Macでのバックアップの探し方です。

バックアップのリストを探すには、メニューバーで   をクリックし、「~/ライブラリ/Application Support/MobileSync/Backup/」と入力します。

または、特定のバックアップの場所を調べることができます。

  1. iTunes を起動します。メニューバーの「iTunes」をクリックし、「環境設定」を選択します。
  2. 「デバイス」をクリックします。
  3. 目的のバックアップを「control」キーを押しながらクリックし、「Finder で表示」を選択します。

elcapitan-itunes12-4-device-preferences-backups-show-in-finder

次に、Windowsでのバックアップの探し方です。

バックアップのリストを探すには、「\ユーザー\(ユーザ名)\AppData\Roaming\Apple Computer\MobileSync\Backup\」に移動します。

または、以下の手順でも探せます。

  1. 検索バーを探します。
    • Windows 7 では、「スタート」をクリックします。
    • Windows 8 では、右上にある虫眼鏡のアイコンをクリックします。
    • Windows 10 では、スタートボタンの横にある検索バーをクリックします。
  2. 検索バーに「%appdata%」と入力します。
  3. 「Return」キーを押します。
  4. 「Apple Computer」>「MobileSync」>「Backup」の順に各フォルダをダブルクリックします。

2016-10-15_13h34_09

appdataは隠しファイルになっているので、隠しファイルが表示されるように[フォルダ]→[表示]→[隠しファイル]にチェックを入れましょう

バックアップデータを保存して再バックアップ

バックアップデータをデスクトップなどに移動(又は保存)して、再度改めてバックアップを行います。バックアップを最初から行うことになるので、時間がかかりますが、まっさらなバックアップデータを再作成することが重要なので我慢です。

試した結果

新しく作成したバックアップデータで再度復元を試みます。

2016-10-15_08h23_33

結果

見事復元ができました。予備で保存(又は移動)したバックアップデータは不要となりますので削除してしまって構いません。

ブログランキング

ランキング参加中です
にほんブログ村 士業ブログ 不動産鑑定士へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク