不動産鑑定士が不動産実務に役に立つ情報(TIPS)を綴ります

不動産実務TIPS

ツール

WordPressにサーバー移転(ロリポップ→MixHost)。初心者でも安心のWordPress移転代行サービスでお願いしました。

投稿日:

ロリポップ!のレンタルサーバーから、MixHost にサーバーを移転しました。

ネットが混雑する時間帯(夜)になると、ブログを更新しているwordpressの管理画面の動作が重くなってきていまったのでサーバー移転をずっと考えていました。でもネット知識がほぼ皆無の自分にサーバー移転なんてできるのか?

自分でサーバー移転を始めたら数日時間を取られるかもしれないので、仕事などが落ち着いたら考えて移転を考えよう。と問題をずっと後延ばしにしていました。

サーバーの移転ってネット素人にとっては恐怖でしかないんですよね。サーバーは新しい会社と契約すれば良いだけなんですが、その後の新サーバーへの移転は作業が複雑なんです。ネットの知識に長けた知り合いに聞いても丸一日かかったと言います。ネットで検索すればどのように移転作業をすればよいかは記事が山ほど出てきます。でも予測不可能なトラブルってあるじゃないですか。トラブルがあったときに対応できる知識が自分には無いのです。

そんなときに見つけたのが、新興のサーバー会社 MixHost WordPress移転代行サービスです。

管理人さん
ネットに詳しくない僕でもできるかも!

今日はネットについて何にも分からない自分でもできた、サーバー移転作業の記事を書いてみたいと思います。

スポンサーリンク

サーバーって何?

そもそもサーバーって何でしょう?

サーバーっていう言葉自体はよく聞くので覚えている方が多いかもしれません。しかし、サーバーが何かって問われると案外答えられない人が多いんじゃないでしょうか。

正確性よりもイメージとして理解できるようになるべく簡単に説明していきたいと思います。

サーバーとクライアント

当ホームページは何でご覧になっていますでしょうか?パソコン?それともスマートフォンでしょうか。iPadなどのタブレット端末かも知れません。これらを総称してクライアントと言います。

サイトの情報をクライアントで見るわけですが、このデータっていつもはどこに保管されているんでしょう。そう、このデータが保管されているのがサーバーです。サーバーを移転する前は、ロリポップという老舗のレンタルサーバー会社から場所を借りて、そこに自分のデータを保管していました。イメージするならば貸し倉庫みたいなものですね。

サーバーを移転する理由は貸し倉庫を変更したいときの理由とたいして変わりません。倉庫の容量が足りなくなった。新しい倉庫会社が安いサービスを始めた。預け物を取り出したり保管したりする手続きが多いから簡単なところにしたい。

サーバー移転に必要な作業

サーバー移転に必要な作業は次の3つです。

  1. 新サーバーの契約
  2. データの以降
  3. ドメインのネームサーバーの変更

最後のドメインのネームサーバーの変更っていうのは知らない人にとってはちんぷんかんぷんですね。僕も今回初めて知りました。それぞれを簡単に分かるように説明していきます。

1.新サーバーの契約

私はロリポップから MixHost へサーバーを移転しました。

例えば MixHost ならば、いずれのプランも30日間の無料お試し期間が用意されています。とりあえず無料お試しに申し込み。という形でも問題なしです。後に書くWordPress移転代行作業もお試し期間での申し込みでも受け付けてくれます。

ついでに言うならば、通常かかる基本料金(初期費用)も無料です。とりあえずお金を支払わずに30日間使えちゃうんです。

管理人さん
無料お試し期間でも代行サービスしてくれるとかやさしー!

2.データの移行

新サーバーと契約しても、サイトのデータは旧サーバーにあるままです。このデータを新サーバーに移転させなければいけません。下の図の「データの移行」ですね。貸し倉庫で例えるなら荷物の移動です。新しい倉庫に荷物を運ばなければいけませんね。

MixHost の良いところは、この難解な作業を安価な金額で行ってくれる点です。

WordPressの移転代行サービスはほかでも行っている事業者もありますが、数万円が相場です。しかしmixhostで行えば1サイト9,980円

「WordPressで運営しているWebサイトのサーバーを移転したいけど、なんだか難しそう…」
このような方に向けて、mixhostでは1サイト辺り9,980円という低価格で、WordPressの移転を代行いたします。
複雑なWordPressの移転はmixhostにおまかせ下さい!
WordPressをmixhostに移転する事により、圧倒的に快適なサーバー環境をご利用いただけます。

WordPress移転代行サービス詳細の概要は次のとおりです。

WordPress移転代行サービス

  • 対象:他社サーバーで独自ドメインを使用してWordPressを運用しており、mixhostをご契約の上、移転を希望されるお客様
  • 基本料金:1サイトにつき9,980円(税別)
  • 所要日数:通常お申込み後5営業日以内に対応

オプション料金

  • SSL化済みのサイトの移転:3,980円(税別)
  • 移転困難なレンタルサーバーからの移転:4,980円~(税別・要御見積)

SSL化済みのサイトは追加料金がかかりますが、ほとんどの場合は基本料金9,980円でサービスを受けられます。その他注意点はmixhostのホームページで確認ください。

参考 mixhost(ミックスホスト)|WordPress移転代行サービス

3.ドメインのネームサーバーの変更

最後にネームサーバーの変更です。データを移行させただけでは、サイトを見る側(クライアント)は、旧サーバーにデータの確認をしにいってしまいます。データは新しいサーバーに移動させましたよ。と伝えてあげるのがネームサーバーの変更です。また貸し倉庫で例えるならば、荷物を新しい倉庫に移動させただけでは古い倉庫に荷物を探しに行ってしまいます。従業員などに倉庫を変更したことを伝えなければいけません。倉庫の変更の連絡がネームサーバーの変更です。

実際に、WordPressにサーバー移転(ロリポップ→MixHost)をしてみた!

では作業手順を実際に私が行った順番で丁寧に解説していきたいと思います。

mixhostとの契約

まずは MixHost との契約が必要ですが、その前に簡単にmixhostの機能をまとめてみましょう。プランは下の4つと、さらに上のビジネスプラスの5種類。基本的にはディスク容量の差があるだけです。

目安としては月50万PVまではエコノミーでも十分。スタンダードに至っては月100万PVまでが目安なようです。動画サイトや写真が多いサイトなど、サイト特性によっては異なりますが、これからブログを始める人などはエコノミーで十分対応可能です。とりあえずは、無料期間があるので30日間のお試しで申し込みましょう。

申し込みは こちら から。

プラン変更は自由に可能

サイトの閲覧数が増加してきてサイトに負荷が増えてきたら上位のプランに移行が可能です。逆に、アクセスが減ってきた。運用サイトを減らして負荷が減少したなんてときは下位のプランにも変更することができます。

参考 mixhost(ミックスホスト)|ご契約プランの変更方法

WordPress移転代行サービスへ申し込み

契約をしたら MixHost にログインします。お問い合わせから、WordPress移転代行サービスのお申込みに進みましょう。

申し込み時に伝える内容

移転を希望するWordPressサイト数:(例:1サイト)
移転を希望するWordPressサイトURL:(例:http://example.com/)
現在ご利用中のレンタルサーバー名:(例:○○○サーバー)

移転代行サービスを申し込みすると、翌日メールが届きました。支払金額の連絡のほかに、FTPユーザー、移転作業の希望日等の連絡を行います。旧サーバーのロリポップの管理画面から必要な情報を抜き出して入力の上、返信します。

連絡内容

移転を希望するWordPressのURL:http://reatips.info/
移転を希望するWordPressの管理画面のURL:(例:http://reatips.info/wp-admin/)
WordPressの管理者権限ユーザー名:(例:admin)
WordPressの管理者権限パスワード名:(例:password)
mixhostでご契約いただいた移転先のサーバーアカウント:(例:example.mixh.jp)
独自ドメインのメールアドレスは使用していますか?:(はい/いいえ)

旧サーバーのFTPホスト名:
旧サーバーのFTPユーザー名:
旧サーバーのFTPパスワード:

移転作業日(第1希望):
移転作業日(第2希望):
移転作業日(第3希望):

伝えた内容に問題がなければ、移転作業日の連絡があり、後は移転作業日を待つだけです。尚、移転作業中は記事の更新ができません。もし記事を更新するのなら予約投稿しておくようにすすめられました。

移転作業日の夕方には移転作業が完了し、ドメインのネームサーバーの変更を行うようにという指示のメールが届きました。

平素は当サービスをご利用いただき誠にありがとうございます。
mixhost カスタマーサポートでございます。

WordPressの移転が完了いたしました。

下記URLにて動作確認が行えますので、正常に動作している事をご確認お願いいたします。

ドメインのネームサーバーの変更後は、数時間~72時間程度でサーバー移転が完了する旨の連絡がありました。

ネームサーバーの変更(むーむードメイン)

私はドメインをムームードメインで取得していましたので、ムームードメインの管理画面でネームサーバーの変更をする必要があります。

ムームードメインのホームページに飛び、ドメイン管理からネームサーバー設定変更へと進みます。

ネームサーバの設定変更画面へいくと、GMOペパポ以外のネームサーバを使用するという箇所があります。入力項目はmixhostからのメールに記載されていますので、そのとおりに書き写して入力していきます。

最後に画面下にあるネームサーバ設定変更ボタンを押して、変更を確定するだけです。

サーバー移転(ロリポップ→MixHost)作業完了

これで無事に作業終了。あっけないぐらいに簡単でした。

私が行った作業といえば、メールを3通送ったのと、最後のネームサーバーの設定変更の作業のみ。ネット知識に不安があっても無事にサーバー移転ができました。

サーバー移転ができたのも一番には、一番複雑で不安だった「WordPress移転作業」を MixHost にお任せできたからだと思います。ネット知識やサーバーなどの知識が豊富な方はほかの選択肢も色々と考えてみるのも良いかもしれませんが、特に不安な人には是非 MixHost でのサーバー移転を検討してみてはいかがでしょうか。

サーバーを変更してからというものの、サイトの重さも解消し、快適に作業が行えています。サイトの閲覧に際しても速度が上がったので見ている方にとっても不満が減ったなじゃないかな?と思います。

PICK UP記事と広告



-ツール

Copyright© 不動産実務TIPS , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.