不動産鑑定士が不動産実務に役に立つ情報(TIPS)を綴ります

不動産実務TIPS

不動産実務

間口とは?間口の計測方法や建築基準法についてまとめてみました。

投稿日:

土地の間口は、接道長さとも言い換えることができます。つまり、敷地が主たる街路に接する部分の長さです。

もっとも単純な例で考えると下の図の矢印の部分です。

2m以上と書きましたが、土地に建物を建築するためには、道路に2m以上接していなければなりません。これを接道義務と言います。詳しくは下の記事で説明しています。

接道義務とは?敷地と道路との関係により建築物が建てられない場合があります。

接道義務といキーワードで本サイトを見ていただくことも増えてきたので、接道義務について少し解説していきたいと思います。 接道義務とは? 建築物の建築について規定する法律、建築基準法の第43条1項には以下 ...

続きを見る

スポンサーリンク

間口の測り方・測定方法

色々な例で、間口の測り方を説明していきます。

一般的な考え方に基づいて間口の測定方法を紹介していますが、絶対の測定方法を示すものではありません。接道義務を満たすかどうか怪しい土地の調査に当たっては、建築確認の担当課の窓口で、どのような測定方法をするのかを確認してください。

旗竿敷地の間口

旗竿敷地の間口は、路地状部分の幅で測定します。

似た例ですが、次のような敷地の場合はどうでしょう?道路との接面部分は2m以上ありますが、建物を建築する部分に至るまでの通路で1.8mとなっています。これでは接道義務を満たさないので建築不可の土地となります。

水路が敷地との間にある土地

道路と敷地の間に水路がある場合の間口はどう考えればよいでしょうか。この場合は、土地の幅を測定するのではなく、橋の幅を測定することになります。また、水路を占有する場合は、別途水路管理者(市町村や土地改良区など)への水路占用許可が必要となります。

水路だと思っていても、道路の一部(道路側溝)として扱われる場合もあります。合わせて道路管理者に確認します。

進入部分が2カ所ある場合

旗竿敷地の変形になりますが、進入部分(路地状部分)が2か所ある場合、一つでは2m無いが合計すると2m以上になる場合は、接道義務を満たすでしょうか?間口はつながった直線で2mであることが必要ですので、この場合の間口はあくまで1m。接道義務を満たさないので建築不可の土地となります。

隅切りがある場合の間口

隅切りがある場合、間口はAとBのどちらになるでしょうか。これはAの長さを測ることになります。

行き止まりの道に接する敷地

位置指定道路などの行き止まりの道の一番奥の土地の場合、下の図のとおりの間口となります。

次は特殊です。

1mと1mで2m以上接しているような気がしますが、間口は足し算をしません。斜めの矢印の幅が間口となります。

間口の狭い広いによるメリット・デメリット

通常、間口が狭いとデメリットが大きく、価値も減少します(減価します)。

つまり、住宅地の場合は、間口が狭いことは出入りの便、採光、通風等の面で不利になります。建物や駐車場の配置の面でも制限が大きくなります。商業地の場合も住宅地と同じ点で不利になります。商業地はお客さんの視認性や車・人の出入りの容易さなどが土地の価値を決める上での重要な要因となります。郊外店などでは特に駐車場の設置が重要になることから間口の狭さは大きな減価になります。

反面、間口が広いことによる減価は、一般的には特段ありません。奥行や面積との複合的な要因を考えると減価も考えられます。

PICK UP記事と広告



-不動産実務

Copyright© 不動産実務TIPS , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.