地図上に同心円や複数の円を描くためのお役立ちサイト

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

不動産の調査に当たって、どこかの利便施設からの距離を明示することが多いと思います。この住宅はなになに小学校までまるまるメートル。などですね。

また、スーパーや店舗の調査に当たっては競合店との位置関係などを把握することも大事ですね。不動産の鑑定評価に当たっては、市場分析の重要性が高まってきて「対象不動産の競争力、競合、代替関係にある不動産との優劣関係」などを分析することが必要となっています。

そんなときに地図で直感的に表示されていると分かりやすいですよね。文章でつらつらと書き連ねるというのも一つの方法ですが、地図を多用することで書類が鮮やかになります。

2016-04-20_07h13_27

サイトの紹介

地図上に半径○○kmの円を描くことはgoogleマップの機能には標準装備されていません。Google Map API の知識を持っていれば自分でも描くことができるんでしょうが、もちろん私はできませんし、大勢の方はそんな知識は持ち合わせていないのが実情です。

しかしながら世の中には優秀な方が多いもので、サイト上で簡単に地図上の円が描けるような機能を公開していらっしゃるかたがいます。複数のサイトがあるのですが、一番簡単そうなこちらのサイトを紹介したいと思います。

URL:なんちゃって☆めも

その中で「地図上の任意の点を中心に、設定した半径の円を描ける」機能がこちらです。

URL:なんちゃって☆めも|地図に円を描く

使い方

使い方はサイトの下の方に書いてあるとおりです。

  • pen 描画モード
    • 地図上をクリックすると、マーカーが出現。(ドラッグ可)
    • マーカーをクリックするとその時に選択されている色で
      • filled マーカー中心の半透明の円を描画
      • unfilled マーカー中心の塗りつぶしなしの円を描画
      • ABC マーカーを左上としたラベルを描画
  • eraser 消去モード
    • クリックすると、マーカーや円やラベルを消去。

と言ったらもう終わりなんですが、実際にやってみましょう。

例として那須塩原市の西那須野駅周辺のスーパーについて調べてみます。塩原屋バイパス店を中心に1kmの円を描いてみます。

2016-04-20_06h51_57

まずは地点を選んで上のようなマーカーを表示させます。このマーカーはドラッグが可能です。その後は、円の色や半径、中を塗りつぶすかどうかなどを選びます。

選んだらマーカーをクリックするだけです。

2016-04-20_06h55_14

このような形で円を描くことができました。更に設定を変えて同じマーカーをクリックすることで複数の半径の円を描くこともできます。今回は1kmと3kmの円を描いてみました。

2016-04-20_06h57_01

他の競合店もプロットしてみます。何となく調査対象と競合店の位置関係が把握できたんじゃないでしょうか。今回は文字を入れていませんが、店舗名などを載せれば市場調査した地図がそれなりに完成です。

2016-04-20_07h05_59

参考:この地図を描いたURL

サイト上でしか表示できないので画面をキャプチャーする必要がありますが、そんなときは以前紹介した“Screenpresso”(スクリーンプレッソ)を使えば簡単に画像データになりますので、エクセルやワードなどにも貼りつけられますね。

スクリーンキャプチャ・編集ソフト"Screenpresso"を使って、イメージ豊かな書類を作ろう。
今日は"Screenpresso"(スクリーンプレッソ)というフリーソフトを紹介したいと思います。 私は不動産鑑定士なので不動産鑑定評...

まとめ

今日紹介したこのサイト、「なんちゃって☆めも」なんていうゆるーいタイトルですが、色々な機能が公開されています。

上の引用は一例ですが、標高を測定する機能なんかも便利ですね。

ブログランキング

ランキング参加中です
にほんブログ村 士業ブログ 不動産鑑定士へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク