不動産鑑定士が不動産実務に役に立つ情報(TIPS)を綴ります

不動産実務TIPS

鑑定評価

大規模太陽光発電所(メガソーラー)の地代の一例

投稿日:

メガソーラーの敷地の地代ってどのくらいなんでしょうか。今日のニュースでメガソーラーの敷地から有害物質が排出されたというニュースがありまして、その中で地代に関することも書いてあったので、地代を調べてみました。

BBpU45Q

ソフトバンクグループの「SBエナジー」(東京都港区)が群馬県榛東村に設置した大規模太陽光発電所(メガソーラー)の敷地に環境基準を超える有害な鉄鋼スラグが使われ、村が撤去を検討していることが分かった。スラグは大同特殊鋼(名古屋市)の渋川工場(群馬県渋川市)から排出され、敷地の造成工事を請け負った「佐藤建設工業」(同)が無償提供。両社は同県内で有害スラグを再生資源と偽って出荷した廃棄物処理法違反容疑で県警の強制捜査を受けており、事件は自然エネルギーの現場にも影を落とした。

引用:毎日新聞|有害スラグ:群馬の太陽光敷地に…強制捜査受けた業者搬入

その記事の中でSBエナジーが土地を借りている地代として榛東村(しんとうむら)に払っている地代が書いてありました。

SBエナジーは売電収入の3%(年間約300万〜400万円)を土地代として村に支払っており

引用:毎日新聞|有害スラグ:群馬の太陽光敷地に…強制捜査受けた業者搬入

太陽光発電が設置された場所は標高1000mの榛名山麓の榛名カントリークラブというゴルフ場跡地です(八州高原・ソフトバンク榛東ソーラーパーク)。敷地面積は約49,300平方メートルで、年間発電量は一般家庭約830世帯分にあたる約300万キロワット時です。

地代を計算すると年額60円/㎡~80円/㎡となります。

PICK UP記事と広告



-鑑定評価

Copyright© 不動産実務TIPS , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.