不動産鑑定士が不動産実務に役に立つ情報(TIPS)を綴ります

不動産実務TIPS

不動産実務

2項道路(みなし道路)は公道?通行権などのまとめ

更新日:

家を建てるためには原則として敷地が建築基準法上の道路に接面している必要があります(接道義務)

建築基準法の道路にはどんな種類のものがあるのかは以前書いたのでこちらを参照ください。

今回はその内の一つ、2項道路(みなし道路)についてまとめてみました。

2項道路(みなし道路)とは

建築基準法では道路を幅員4m以上と定義していますが、法第42条第2項は、「建築基準法施行時、現に建築物が建ち並んでいる幅員4m未満の道で、特定行政庁の指定したもの」は、道路とみなし、その中心線からの水平距離2mの後退線をその道路の境界線とみなすと規定しています。

※建築基準法の施行は昭和25年11月23日

建築基準法施工時となっていますが、都市計画区域又は準都市計画区域に編入されたときも該当します。

2項道路は原則として1.8mで以上であることが必要です。1.8m未満の道路については下記を参照ください。

また、1.8mの幅員の測り方については役所によってそれぞれです。公図幅と言われる場合もありますし、現況の幅員と言われる場合もあります。両方が1.8m以上でないと駄目ですと言われた場合もありましたね。原則は現況だとは思いますが、担当窓口(建築指導課)の指示に従ってください。

セットバック(敷地後退)とは

建築基準法第42条には次のように定められています。

道路の中心線からの水平距離2mの線をその道路の境界線とみなす。

裏を返せば、道路の中心線から2mの範囲は道路の境界線内なので建築物の築造はできないということです。

setback

自分の敷地を後退させる必要があるので、敷地後退セットバックと呼ばれます。

2項道路の調べ方、調査方法

まずは道路管理課へ行き、道路法の道路(市町村道)かどうかを確認します。ここで認定幅員も確認します。4m以上であれば問題ないのですが、それ以下であれば市道であっても第42条1項1号の道路には該当しません。建築指導課に当該道路が建築基準法上の道路に該当するか(2項道路に該当するか)を確認しにいきましょう。

調査に行く際には道路部分の公図幅がどのくらいあるのかをよく聞かれるので、公図(あれば地積測量図)も持参することをおすすめします。

法律の条文には「現に建築物が建ち並んでいる」ことが要件とされていますが、全然建物がないけど大丈夫?と思うところでも「2項道路で大丈夫ですよ」と言われることもよくあります。周囲に建物がないから2項道路には該当しないかもと思ってもきちんと確認することが大事です。

市町村によっては、個別に路線を指定しているところもあれば、包括的な要件を示して個別に2項道路に該当するか判断している市町村もあります。

狭隘(あい)どうろ整備事業について

セットバックが必要な部分は自分の土地であるものの、壁等の工作物や建築物の築造が制限されます。現に建物がかかっている際にその取壊しを要求するものではありませんが、建て替えなどの際には市町村と協議をして道路を拡幅整備していく必要があります。

市町村によっては、狭隘道路整備事業・道路拡幅整備事業・細街路拡幅整備事業などの名称でセットバック部分の整備について補助金が公布される場合も多いです。

市町村が行ってくれること(一例)

  • 後退用地等に係る測量・分筆・所有権移転登記
  •  後退用地内の工作物等(塀・柵・樹木・擁壁等)の除去等費用に対する補助金の交付
  •  すみきり用地の提供に対する奨励金の交付
  •  後退用地等の道路整備

 

広告




広告




-不動産実務
-,

Copyright© 不動産実務TIPS , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.