不動産鑑定士が不動産実務に役に立つ情報(TIPS)を綴ります

不動産実務TIPS

不動産実務

生活ねっと(seikatunet.work)という悪徳サイトに要注意

投稿日:

最近FACEBOOKで明らかに悪意のある広告が目につきます。

それがタイトルにもある生活ねっととうホームページの広告なんですが、どうやらとても胡散臭いんです。

生活ねっとの冒頭の煽り文句

都道府県名は北海道から沖縄県まで全都道府県名がありますが、全て内容は同じ。都道府県名が変わっているだけになります。

 

〇〇県で29歳の時に3980万円で買ったマイホームを5980万円で売る唯一の方法

若しくは、

〇〇県にマイホームか土地があったらかなりチャンス!ローン残高がなくなった上に2000万も現金ができた!?今しか通用しないその方法を紹介します。

あたかも、その県で買った値段の2000万円も上の金額で不動産が売れたような書き方ですね。実際のところ、売れたということは一言も書いておらず、書かれているのは買った金額の2000万円上の金額、具体的には3980万円で購入したものが5980万円で不動産会社が査定してくれたということです。

高い値段で売れたのと、高い値段で査定してくれたのでは意味が全然違う

不動産を売りたい。家を処分したいと考えている人にとっては、査定金額が高いというのはとてもうれしい話です。1500万円でしか売れないと言っている不動産業者と2000万円で売れます!と言っている不動産業者では、当然2000万円で売ってくれる不動産業者に仲介をお願いしたいですね。

しかし、これを逆手にとってくる業者が多いのも事実。

実際には売れそうもない金額を最初にふっかけておいて、仲介を受けたら「あ~、やっぱり売れないですね~。1500万円に値段を下げて様子を見ましょうか」などと言って、最初の金額2000万円を下げてくる業者が少なからずいるのです。

生活ねっとは何を目的として広告をだしているのか

生活ねっとはスマイスターという不動産価格一括査定のサイトへの誘導を目的として運営されているサイトのようです。下が誘導のバナーです。

生活ねっとのサイトを見て、生活ねっと経由でスマイスターの一括査定サイトを利用すると、生活ねっと運営者に数千円の報酬が入るという契約だと思います。そのため、こんなに高く売れている人がたくさんいますよ!早くスマイスターで査定をしてもらいましょう!実際に買った値段よりも高い査定金額が付いた人が97.3%もいますよ!などと煽るのです。

生活ねっとより引用

8月3日追記】
今日、スマイスターを値段チェックだけしたお客様満足度が出ました!
なんと97.3%の人が買った値段より高い査定がついたみたいです。
一番ビックリしたのが購入した金額の2倍以上の査定額がついたという声もたくさん聞きますし!200~500万アップ程度ならざらのようです
それだけでもローンがなくなってしかも現金残りますからね!

スマイスターで査定をした人の97.3%もの人が購入金額よりも高い金額で査定結果が出たと書いてありますが、本当?って思っちゃいますよね。これが事実だったとしましょう。では、本当にその査定金額で売れた人はどれぐらいいるの?査定金額の半額でしか売れなかった人もたくさんいるんじゃないの?などと思ってしまいます。

生活ねっとの怪しい点

生活ねっとは47都道府県で同じような内容の広告サイトを作成しています。URLもほぼ同じです。

生活ねっとのURL

http://seikatunet.work/bl02〇〇/

〇〇には都道府県コードが入ります。例えば、東京都のURLは、http://seikatunet.work/bl0213/

内容もほぼ同じ、例えば次のような文章が書かれています。

実は、今〇〇県の土地価格が8年ぶりに上昇してるんです。

まるで今が売り時だ!と言わんばかりですね。私も不動産鑑定士を生業としているので市場には素人よりは精通していると思いますが、地方部で県内全域で土地価格が上がっている場所なんてありません。確かに価格は上昇傾向にある地域が増えましたが、東京都を代表とする都心部、そして地方圏においては県庁所在地などがある中心都市だけです。その他の数万人規模の都市では価格は依然として下落の一途を辿っています。

そして、一番あくどいなと感じたのが、査定結果の見積書です。これがほぼ全都道府県(すべてを確認している訳ではありません)で、同一なんです。北海道でも東京都でも全く同じです。

これがあたかも自分の都道府県での査定結果かのように表示されています。

さらに疑わしいのは「お見積り金額」に改ざんの疑いがあるということです。下の金額を見てください。

どうやって見ても、上から金額を書き直していますよね?文字の解像感も明らかに違います。数字の下には前に書いてあった文字のような跡も残っていますね。色々がお粗末です。

こんな杜撰な広告で、スマイスターへの誘導を誘っている、生活ねっと。どうなんでしょう?かなりあくどいと思いませんか?

まとめ

スマイスターは不動産の一括査定サイトとして実績のあるサイトです。しかし、生活ねっとのような悪意のあるサイトを野放図にしておくのはどうでしょう。スマイスターさんの信頼まで失うことになると思うんですがいかがでしょう。

ちなみに、不動産業者の査定価格には、「評価額根拠説明義務」というものがあります。不動産業者もお客さんを見つけたいがために高い価格で査定をするっていうのは許されないんですね。下の記事にも書いていますが、査定価格はきちんと根拠を伴った金額でなければならず、それを説明する義務も生じます。

PICK UP記事と広告



-不動産実務

Copyright© 不動産実務TIPS , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.