不動産鑑定士が不動産実務に役に立つ情報(TIPS)を綴ります

不動産実務TIPS

不動産実務

下水道の種類には何がある?公共下水道・特環・農集排などの違いをまとめてみました。

投稿日:

下水と簡単に言いますが、下水道には公共下水道、特定環境保全公共下水道、農業集落排水などたくさんの種類があります。

実務に長けている人でもこれらの違いって意外とあいまいなんですよね。今回は下水道の種類について解説してみたいと思います

下水道の種類

下水道法第2条第3号には下水道について次のように書かれています。

下水道法第2条第2号(下水道)

水を排除するために設けられる排水管、排水渠きよその他の排水施設(かんがい排水施設を除く。 )、これに接続して下水を処理するために設けられる処理施設(屎し尿浄化槽そうを除く。)又はこれらの施設を補完するために設けられるポンプ施設その他の施設の総体をいう。

次に公共下水道の定義です。

下水道法第2条第3号(公共下水道)

主として市街地における下水を排除し、又は処理するために地方公共団体が管理する下水道で、終末処理場を有するもの又は流域下水道に接続するものであり、かつ、汚水を排除すべき排水施設の相当部分が暗渠きよである構造のものをいう。

下水道法には下水道についての規定がありますが、一般的には下水道法に規定されていないものも含めて下水道と言われます。

一般的に下水道と呼ばれているのは下の3つです。

  • 下水道法上の下水道
  • 建築基準法上のし尿浄化槽
  • 排水施設

下水道の種類

では次に、それぞれを具体的に解説してみます。

下水道法の下水道

下水道法上の下水道は、公共下水道(広義)、流域下水道、都市下水路に分けられます。公共下水道は更に、狭義の公共下水道、特定環境保全公共下水道、特定公共下水道に細分化されます。

下水道法上の下水道の種類

公共下水道(狭義)

公共下水道のうち、主として市街化区域における下水を排除し又は処理するために、市町村が管理する下水道

終末処理場を有するもの(単独公共下水道)又は流域下水道に接続するもの(流域関連公共下水道)であり、かつ、汚水を排除すべき排水施設の相当部分が暗渠である構造のもの。

特定環境保全公共下水道

公共下水道のうち、主として市街化区域以外で設置される下水道

自然公園区域内の水質保全のため、また農山漁村の生活環境の改善を図るための下水道で処理対象人口が10,000人以下の小規模下水道を特定環境保全公共下水道と呼びます。特定環境保全公共下水道は特環(とっかん)と呼ばれます。

特定公共下水道

特定の事業者の事業活動に主として利用される下水道

特定の事業者の事業活動に起因し、又は附随する計画汚水量が概ね3分の2以上を占めるものを特定公共下水道と呼びます。特定公共下水道は特公(とっこう)と呼ばれます。

流域下水道

2以上の市町村の区域における下水を排除し、かつ、終末処理場を有する下水道

一般的に幹線管渠、ポンプ場、終末処理場の建設及び維持管理は都道府県が行い、幹線管渠に流入するまでの施設(主として管渠整備)の建設及び維持管理は公共下水道として市町村が行うことである。

都市下水路

主として市街地内における浸水を防除するために設置される下水道

公共下水道(雨水)に先立って整備する必要があるときに都市下水路事業が実施される。

建築基準法上のし尿浄化槽

建築基準法上のし尿浄化槽は、地域し尿処理施設(厚生省補助)・農山漁村集落排水処理施設(農林水産省補助)・浄化槽(合併浄化槽、単独浄化槽)に分けられます。

特に農山漁村集落排水処理施設は農業集落排水、漁業集落排水、林業集落排水

建築基準法上のし尿浄化槽の種類

排水施設

排水施設には、道路側溝とその他に分けられます。

排水施設の種類

 

広告




広告




-不動産実務

Copyright© 不動産実務TIPS , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.