不動産鑑定士が不動産実務に役に立つ情報(TIPS)を綴ります

不動産実務TIPS

不動産実務

建物の種類の一覧とその判断基準をまとめてみました。

更新日:

おはようございます。不動産鑑定士のreatipsです。FACEBOOKでも更新情報を流しているので、よろしかったら”いいね””シェア”をお願いします。

参考:不動産実務TIPS|FACEBOOKページ


先日、倉庫と建物の違いについて調べてみました。

参考:「倉庫」と「物置」の違いは?建物の種類について調べてみました。

この記事を書く際に色々な文献やサイトを確認しました。今回は建物の種類全般の説明をしてみたいと思います。

建物の種類についてのキャッチ

建物の種類とは

まずは建物の種類について説明したいと思います。

不動産登記法第44条には、「建物の表示に関する登記事項」として次の3つが掲げられています。

  • 建物の所在
  • 家屋番号
  • 建物の種類、構造、床面積

建物の種類は、建物の利用形態のことであり、建物を特定するための一つの要素として登記事項とされています。建物の種類は、その建物の主たる用途により定めることになります。

建物の種類は、不動産登記規則第113条(12種類)と不動産登記事務取扱手続準則第80条(25種類)に、合計37種類列挙されており、土地の地目とは違い、列挙された種類に該当しない建物については、その用途により適当に定めることができます。

建物の種類はどこに記載されているのか

建物の種類は何を見れば分かるでしょうか。建物の全部事項証明書の具体例をもとに、どこに書いてあるのかを説明してみます。

東京タワーの全部事項証明書(表題部)

これは東京タワーの登記ですが、種類は「電波塔・店舗・事務所」となっていることが分かると思います。

建物の種類は限定されていない。

以前土地の地目をまとめた際に書きましたが、土地の地目は不動産登記法により23種類に区分されており、それ以外の地目を認めていません。

不動産登記法 第99条(地目)

地目は、土地の主な用途により、田、畑、宅地、学校用地、鉄道用地、塩田、鉱泉地、池沼、山林、牧場、原野、墓地、境内地、運河用地、水道用地、用悪水路、ため池、堤、井溝、保安林、公衆用道路、公園及び雑種地に区分して定めるものとする。

参考:土地の地目とは?種類にはどんなものがあるの?

昔は23種類だけではなく、もっと多くの地目があったことから登記を調べていると、23種類以外の地目を見かけることもあります。レアですね。

建物の登記は代表的な例が37種類列挙されているのみで、その37種類に限定されていません。技術の発展や社会の変化により建物の利用用途は時代の変化により異なってきます。そのため、一般社会において通用する用語によって的確かつ合理的に定めることとなっています。

また、一棟の建物に2つ以上の用途がある場合、つまり複数の用途に使用されている場合には、「事務所・共同住宅」などと複数の種類を併記することとなります。

建物の種類

建物の種類は上で書いたとおり、不動産登記規則第113条と不動産登記事務取扱手続準則に定められています。その他、法律などには記載がないものの、一般的に使われている種類もあります。今回はその3つに分けてそれぞれの種類、建物の利用上の用途や判断の際の注意事項などをまとめてみました。

また、下に記載したものををPDFにまとめてあります。こちらも参考にお使いください。

PDF:建物の種類(まとめ)

建物の種類の一覧

不動産登記規則第113条1項の建物種類

不動産登記規則第113条1項

建物の種類は、建物の主な用途により、居宅、店舗、寄宿舎、共同住宅、事務所、旅館、料理店、工場、倉庫、車庫、発電所及び変電所に区分して定め、これらの区分に該当しない建物については、これに準じて定めるものとする

建物の種類建物の利用上の用途備考
居宅専ら居住の用に供されるもの
社宅等で一戸建てのもの
旅館業法が適用されない民宿、別荘
下宿屋、間貸しの建物
店舗商品を陳列して販売するもの貸店舗等用途が常時固定していないものも店舗とする。
飲食物を調理して提供する飲食店(レストラン、食堂、喫茶店、スナック、バー等)
技術を提供する理容、美容院
犬、猫等の動物の診療を目的とする施設
ゴルフ、乗馬等のクラブハウス
ガ-ド下のマーケット
寄宿舎学生、社員等のための寮
共同住宅アパ-ト、マンション、コーポ等居住の用に供する建物のうち、1棟の内部が数個の住居に仕切られていて、数世帯がそれぞれ独立して生活できるもの
事務所組合、会社等の法人、団体又は個人の営む事業のための事務の用に供されるもの国、地方公共団体等の建て物は、その用途に従がって、警察署、消防署、県庁舎、等と具体的に定めて差し支えない。特定郵便局も事務所とする。
金融機関の営業活動の用に供されるもの(銀行を除く。)
旅館旅館、ロッジ、モーテル、ユースホステル、民宿等旅館業法の適用のあるもの
料理店料理を提供する料亭、割ぽう等専ら会席、飲食の場を提供するもの
工場機械設備等を備え、物を製造加工するもの
倉庫物品を収納、保管する比較的規模の大きいもの
車庫車両を格納するもの、ガレージ
発電所電力を生じさせる施設の建物
変電所電力の電圧等を変更し、他所に送電する施設

不動産登記事務取扱手続準則第80条の建物種類

不動産登記事務取扱手続準則第80条

規則第113条第1項に規定する建物の種類の区分に該当しない建物の種類は,その用途により,次のように区分して定めるものとし,なお,これにより難い場合には,建物の用途により適当に定めるものとする。
校舎,講堂,研究所,病院,診療所,集会所,公会堂,停車場,劇場,映画館,遊技場,競技場,野球場,競馬場,公衆浴場,火葬場,守衛所,茶室,温室,蚕室,物置,便所,鶏舎,酪農舎,給油所

建物の種類建物の利用上の用途備考
校舎学校教育法、各種学校教育法による教育用の校舎
講堂上記による教育用の講堂
研究所各種の研究所
病院医師又は歯科医師が医業を営む場所で、患者20人以上の収容施設を有するもの
診療所上記によるもので、患者19人以下の収容施設を有するもの
集会所専ら会議をするための会館、冠婚葬祭式場等のもの
公会堂公衆の集会等に供されるもの
停車場駅舎等で上屋を有するもの
劇場演劇、寄席等の興行の用に供するもの
映画館映画上映の常設館
遊技場パチンコ、ボーリング、麻雀、ビリヤード、ダンスホール、囲碁、将棋等遊戯の用に供される娯楽施設
競技場球技(サッカー、ラクビー等)の施設
野球場野球をする施設
競馬場日本競馬協会等の競馬を行う施設
公衆浴場銭湯、サウナ、特殊浴場等公衆浴場法によるもの
火葬場斎場
守衛所各種施設を守るために入口等に設置されている施設
茶室茶道等を行う施設
温室ガラス等により花卉、園芸を行う施設
蚕室蚕を養育する施設
物置日常雑貨等を収納、保管する規模の小さなもの
便所独立したトイレ
鶏舎鶏を養育する施設
酪農舎牛等を養育する施設畜舎としても差し支えない。
給油所ガソリンスタンド

その他の建物種類

その他の建物の種類として45種類をまとめてみました。

建物の種類建物の利用上の用途備考
保養所厚生施設として利用される寮等
百貨店デパート等大型店舗
銀行銀行法が適用される銀行、信託銀行、相互銀行等
作業所専ら労力作業を主として行う仕事場
機械室機械を収納するもの
体育館体育館、道場、室内プール等
教習所学習塾、ソロバン塾、自動車教習所、生花、茶道、絵画、音楽、舞踊、体育、裁縫、手芸教室等学校教育法の適用のないもの
浴場公衆浴場以外の浴場、サウナ、特殊浴場等
ホテルホテル等旅館業法が適用されるもの
幼稚園幼稚園、保育園、保育所等保育園、保育所又は園舎として、差し支えない。
託児所託児所乳児院としても差し支えない。
養護所老人、身障者等の養護施設療護施設は療護所と、治療施設は治療所として、差し支えない。
洗車場洗車施設に供されるもの
市場青果、鮮魚、生花等の市場
冷蔵倉庫冷凍冷蔵庫、低温倉庫、貯氷倉庫等
駐車場不特定多数の者の自動車等を駐車させるための建物
駐輪場不特定多数の者の自転車等を駐車させるための建物
図書館単独の構造を有するもの
練習場ゴルフ、テニス等の練習場、バッテングセンター
会館結婚式場、貸会議室、催物場、福祉会館、児童会館等比較的規模の大きいもの
本殿神社の本殿
拝殿神社の拝殿
本堂寺院の本堂
僧堂寺院の僧房、僧堂等
庫裏住職とその家族の居間
会堂教会の礼拝所
僧院教会の修道院
信者修業所その他の宗教法人の礼拝所
教職舎その他の宗教法人の修道室等
教会礼拝の用に供される建物
社務所
宝物殿
宗務庁宗教法人の事務を取り扱う建物
教務院宗教法人の事務を取り扱う建物
教団事務所宗教法人の事務を取り扱う建物
神社礼拝の用に供される建物
寺院礼拝の用に供される建物
美術館美術品等の鑑賞のために利用される建物
老人保健施老人福祉法に基づく福祉施設設
老人ホーム
デイサービスセンター日帰りで受けられる、入浴、機能訓練等を行う福祉施設
グループホーム痴呆のための介護を必要とする高齢者が数名で共同生活を営む建物
屋内プール水泳教室に使用する目的で建築された建物
学生会館学生が利用するための図書館、資料室等の施設が設けられている建物
合宿所学生が年間を通じてスポーツ活動等を行うために共同生活を営むための建物

広告




広告




-不動産実務
-

Copyright© 不動産実務TIPS , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.