不動産鑑定士が不動産実務に役に立つ情報(TIPS)を綴ります

不動産実務TIPS

不動産実務

容積率とは?その計算方法や特例をまとめてみました。

投稿日:

家を建てるとき、どれだけの大きさの建物を建てられるかは、その地域の「建ぺい率」と「容積率」が何パーセントかに大きく依存します。

前回は建ぺい率について記事を書きましたので、今回は容積率について説明したいと思います。

参考:建ぺい率(建蔽率)とは?その計算方法は?

容積率とは?

容積率の定義を確認しましょう。

容積率とは、建築物の延べ面積の敷地面積に対する割合

これは建築基準法第52条に規定されています。延べ面積は延べ床面積とも言いますね。建物の各階の床面積の合計を指します。

詳しくは、床面積でも容積率の計算の際は算入しなくても良い部分が建築基準法に規定されていますので、その不算入面積を除いた床面積の合計です。ここでは基本的な事項の確認ということで、単純に床面積の合計として扱っていきます。

定義(文章)だけだと分かりづらいので式にしてみます。

容積率は都市計画において定められますが、用途地域によって定められる容積率が建築基準法で制限されています。

用途地域容積率
第一種低層住居専用地域50%,60%,80%,100%,150%,200%
第二種低層住居専用地域
第一種中高層住居専用地域100%,150%,200%,300%,400%,500%
第二種中高層住居専用地域
第一種住居地域100%,150%,200%,300%,400%,500%
第二種住居地域
準住居地域
近隣商業地域
準工業地域
商業地域200%~1300%(100%きざみ)
工業地域100%,150%,200%,300%,400%
工業専用地域
用途地域の定め無し50%,80%,100%,200%,300%,400%

敷地面積・延べ床面積とは?

計算式をみて分かるとおり、容積率の計算をするには、敷地面積と延べ床面積が分かれば簡単に算出できます。

敷地面積は建ぺい率の計算のときと同じ、単純に家を建てる土地の面積のことを指します。延べ床面積とは、建物全ての階の床面積を合計した面積です。

具体的に延べ床面積を計算してみましょう。1階が60㎡、2階が30㎡の家を想定してみます。

延べ床面積は各階の床面積の合計なので90㎡となります。

容積率の計算。

実際に容積率を使って、土地にどれほどの大きさの建物が建てられるか計算してみましょう。

 

200㎡の土地を仮定して、容積率は200%とします。これは所与の数字です。さて、実際に計算してみましょう。

つまり、この土地には延べ床面積が400㎡までの建物を建てられるということになります。

まとめ

容積率を200%と所与としましたが、前面道路の幅員により制限されたり、延べ床面積にも容積率には不算入の部分があったりと、実際の計算はもっと複雑になります。また細かい規定も後ほどまとめていきたいと思います。

広告




広告




-不動産実務

Copyright© 不動産実務TIPS , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.