不動産鑑定士が不動産実務に役に立つ情報(TIPS)を綴ります

不動産実務TIPS

当サイトについて

平成28年9月の人気記事

投稿日:



おはようございます。不動産鑑定士のreatipsです。10月に入りましたがまだまだ暑い日もあります。

年末に向けた仕事も増え初めまして、ありがたいことにそこそこあわただしくなってきました。それでも仕事量は全体的には右肩下がりのようですね。連合会が鑑定実績の分析をしていましたが、なかなか鑑定業界も厳しいようです。

本サイトはどうだったかいうとページビューは3万には届きませんでしたが、2万後半程度。個人で好き勝手に書いているブログにこれだけの方が見に来てくださるのはありがたいことですね。昨月よりは数字も伸びております。

参考:平成28年8月の人気記事

読まれているトップ5(2016年9月)

さて、9月はどんな記事が読まれたのでしょう。

1位|第42条の道路の種類。建築基準法の道路を調べてみました。

建築基準法の道路をまとめた記事になります。市道などの道路法上の道路(42条1項1号道路)をはじめとして、建築基準法上の道路にはさまざまな種類のものがあります。位置指定道路や開発道路、2項道路まではなんとなく理解していても、6項道路建築線などとというなかなかお目にかからない道路は正直よく分からないものです。

網羅的に説明したつもりですので、是非ご覧いただければと思います。

URL:第42条の道路の種類。建築基準法の道路を調べてみました。

2位|Google Chrome(グーグルクロム)が起動しない。その対応策・解決策

windows10にしてからは誤動作も減りましたが、win7時代はChromeの調子が悪いときが多かったです。この記事はGoogle Chrome(グーグルクロム)が起動しないときの対応策について書いたものです。

まだまだwindows7を使っている方が多い、そして困っている方が多いっていうことだと思います。

URL:Google Chrome(グーグルクロム)が起動しない。その対応策・解決策

3位|初心者用、簡単な間取り図作成のソフトを調べてみた。ランキングで発表します!

昨月も5位と結構たくさんの方に読んでいただけたのが間取り図作成ソフトに関するこの記事です。

間取りソフトは小規模業者が開発・販売していることが多いので、各ソフトの操作にはクセがあります。私も数種類使ってみたんですが、間取りっどは使いやすかったです。

URL:初心者用、簡単な間取り図作成のソフトを調べてみた。ランキングで発表します!

4位|PDFで面積を測定するにはフリーソフトの”Foxit J-Reader”が便利

公図などの地図から面積を求積するときはみなさんどうしているでしょうか?昔は三角スケールをあてて、三斜を切って、あとはひたすら計測と計算...。私もそうでしたが、今は簡単に測定するソフトがたくさんあります。

中でも一番簡単な方法と思っているPDFから面積を測定するソフトを紹介しています。もちろん面積ではなく、距離も測定できるので、間口、奥行などもPDF上で正確に測ることができます。

URL:PDFで面積を測定するにはフリーソフトの”Foxit J-Reader”が便利

5位|インスペクション(住宅診断)の資格には何がある?公認ホームインスペクターにホームインスペクター

インスペクションを行う資格にはどんなものがあるかを簡単にまとめたものです。私自身も興味がありますし、もうちょっと深堀りして書いてみたい話題なのですが、なかなか時間がとれなくてそのままにしてしまっています。

これ先月と同じことを書いていますね(笑)

インスペクション関連は、今年の最重要キーワードの一つということで数週間に一度は新聞にも登場します。時代に乗り遅れないように、キャッチアップした情報をもう少し書いていきたいんですが、なかなか、時間が...ね。

検索ワードでも多い単語なのでもう少しインスペクション関連の記事を充実させたいと思います。

URL:インスペクション(住宅診断)の資格には何がある?公認ホームインスペクターにホームインスペクター。

まとめ

9月もたくさんの方に見ていただけました。読んでいただいている記事をみると、流行り廃れの無い内容のものが多いですね。

9月後半は登記を調べてみたシリーズとして、有名建築物、話題性のある土地の登記を紹介する記事を数本書きました。自分自身、登記をみると新たな発見もあるので、シリーズ化して色々調べていきたいと思います。

もし、この登記調べて!なんて要望がありましたらコメント欄、FACEBOOKを通じて遠慮なくおっしゃってください。可能な限り調べてみたいと思います。

参考:未だ領有権争いが続く「尖閣諸島」の登記を調べてみました。

参考:世界最古の木造建築物「法隆寺」の謄本(全部事項証明書)をとってみた

 

PICK UP記事と広告



-当サイトについて

Copyright© 不動産実務TIPS , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.