不動産鑑定士が不動産実務に役に立つ情報(TIPS)を綴ります

不動産実務TIPS

ツール

エクセルで先頭が0の数字を表示させる方法[Excel]

投稿日:



Excelで、「001」などのように先頭に0の数字を表示させたいときってありますよね。今日は「エクセルで先頭が0の数字を表示させる方法」を説明していきたいと思います。

Excelで「001」と入力するとどうなる?

まず、Excelで「001」と入力するとどのように表示されるのか再確認してみましょう。

001と入力して、リターンキーを押しましょう。さてどうなる?

”1”と表示されてしまい、「00」は消えてしまいます。

これはExcelが表計算ソフトのため、数字を入力すると数字と認識するからです。当たり前のことを言っていますね。そう、001は「1」という数字なのです。

だから、Excelでは勝手に1と判断してしまうんですね。

001を001として表示させるには2つの方法があります。

  • 数字ではなく文字列として扱う
  • 〇〇〇という3桁の数字として表示させる

文字列として数字を扱う方法

一つ目はそもそもの数字という枠組みを放棄してしまって、「001」という文字として表示をさせる方法です。

セルの書式設定からの変更

まずはセルの書式設定から変更する方法です。セルにマウスポインターを乗せて右クリック。選択ボックスがでたら「セルの書式設定」を選択します。

「セルの書式設定」ボックスがでたら、文字列を選択します。

これで、セルが「数値も文字列として扱う」ようになりました。セルには入力した値がそのまま表示されます。

数式を入力しても、数式の結果が表示されるのではなく、数式そのものが表示されます。

入力時に ’ (アポストロフィー)を加える方法

もう一つの方法です。見づらいので拡大してみました。

数字の前に何か付いているのが分かりますでしょうか?これは「 ’ (アポストロフィー)」といいます。英語の勉強の時に昔習いましたね。「I'm」の間のチョンってのです。

このアポストロフィーを付けることで、強制的に文字列として扱われます。当然ですが、アポストロフィーは表示されません。

「’17」のようじ一番前にアポストロフィーを表示させるにはどうしたらいいか?賢明なる読者の方ならすぐに分かると思いますが、アポストロフィーを2重にしてしまえば良いんですね。

入力方法を学んだので、どう表示されるかを確認してみます。下のように表示されます。

無事に「001」と表示されるのが分かったと思います。でもちょっと気をつけてセル内を見て下さい。普通は数字を入力すると右揃えで表示されますよね?文字列で扱われているので左揃えで表示されてしまうんです。

ちゃんと数字として扱いたい。右揃えで表示させたい!という方にはもう一つの方法です。

〇〇〇という3桁の数字として表示させる

見出しを3桁の数字としていますが、これは2桁でも10桁でも同じです。やりかただけ覚えてください。

先ほどと同じ要領でセルの書式設定を開きます。あ、さっきは言いませんでしたが、セルの書式設定を簡単に開くには「Ctrl + 1」です。1は数字の1ですね。このようなショートカットは覚えておいて損はないです。

表示形式タブからユーザー定義を選択し、ボックスの中に「000」と入力します。これが4桁にしたいならば「0000」です。逆に小数点以下を表示させたいなら「000.00」などと表示させたい範囲の桁まで「0」を入力します。

書式設定を変更して入力すると下の画像のように表示されます。

このようにセルの書式設定を変更すると、1と入力すれば「001」と表示されます。また、右揃えで表示されているのも確認できるかと思います。

まとめ

日付の表示形式もそうですが、Excelって奥深いですよね。使いはじめて数十年と経ちますが、未だに新しいことを知ったりします。ほぼ毎日触っているんですけどね。

 

PICK UP記事と広告



-ツール

Copyright© 不動産実務TIPS , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.