不動産鑑定士が不動産実務に役に立つ情報(TIPS)を綴ります

不動産実務TIPS

不動産実務

アパートとマンションの違い。それぞれの定義は?

更新日:



賃貸物件のチラシを見ていると、「アパート」「マンション」「コーポ」などと書かれています。

では「アパート」「マンション」「コーポ」の違いって何なんでしょうか?定義があるんでしょうか?

アパート、マンションの違いはそもそも無い

アパートやマンションと物件広告には書かれていますが、そもそも明確な基準はありません。

っていうと、意外な気がしますが本当なんです。

物件広告の表示などを規制するものとしては、公正取引委員会告示による「不動産の表示に関する公正競争規約」がありますが、こちらにもアパート・マンションの定義については触れられていません。

「賃貸マンション又は賃貸アパート」などとは記載されている箇所はいくつもあるのに、2つの用語の説明は無いんですね。

これが事実です。

スポンサーリンク

アパート・マンションのそもそもの意味は?定義は?

アパートとマンションというと、マンションの方が建物がしっかりしていて、高級なイメージがありますね。

マンションは英語の「mansion」からきていて、大邸宅・館などを表す言葉です。

共同住宅、集合住宅を表す英語は「apartment house」であり、これがアパートの由来となります。高級なマンションは「luxury apartment」、分譲マンションなら「condominium」と英語ではいいます。

これから分かるとおり、マンションというのは完全なる和製英語。本来なら大邸宅・大豪邸を表す単語だったのにも関わらず、いつのまにか、高級なアパートを意味する単語として使われるようになってしまったようです。

アパート・マンションの使い分け

明確な基準はないものの、アパートとマンションは不動産業者独自の基準によって使い分けられています。

構造による区別

一番大きな使い分けの基準が建物の構造です。

名称 構造
マンション 鉄骨造、鉄筋コンクリート造、鉄骨鉄筋コンクリート造
アパート 木造、軽量鉄骨造、プレハブ造

構造的にしっかりしたものが、マンション。というイメージですね。

階層による区別

その他、階層によってもマンションとアパートを区別することがあります。

名称 構造
マンション 3階建て以上
アパート 2階建て以下

2階建て以下の低層のものをアパート、3階建てより大きな建物をマンションと区別することもあります。

性能による区別

主に構造による違いからくるものですが、アパートとマンションでは一般的に建物の性能が異なります。

防音性、防犯性、耐火性などが高いのがマンション。逆にアパートはマンションよりも劣るものとされるのが一般的です。

マンションの特徴

マンションの特徴としては次のようなものが上げられます。メリット・デメリット両方を箇条書きにしてみたいと思います。

  • RC造、SRC造のしっかりとした構造となっているため、耐震性、耐火性に優れる
  • 防音性も高く、上下階及び隣接住戸の生活音が気になりづらい。遮音性が高い
  • オートロックや防犯カメラが設置されているものも多く、セキュリティーの面で優れる
  • 管理人が常駐しているものもあり、安心できる
  • アパートよりも賃料が高いものが多い
  • エレベーターが付いているものもあり、管理費・共益費がアパートよりも高くなりがちである。

アパートの特徴

  • マンションに比べて賃料が安いものが多い
  • 木造アパートは通気性が良い
  • 比較的地方に多く、又は古い建物も多い
  • 遮音性が低いことから隣接住戸の生活音が気になりやすい
  • オートロックなどは無いアパートがほとんどであり、セキュリティの面で劣る

スポンサーリンク

実際に賃貸物件を選ぶときには何に気をつける?

アパート・マンションの違い、それぞれのメリットデメリットを説明しました。

では、実際にアパート・マンションを借りるときは何に気をつければよいんでしょうか?

一番は「名前に惑わされず、建物の構造・設備を見極める」ということです。

建物の名前を付けるのは不動産業者やアパート・マンションの持ち主(大家さん)です。良いイメージを持ってもらいたいせいか、粗末な建物でも「マンション」や「メゾン」「ハイツ」など、なんとなくおしゃれな感じのする名称を付けがちです。

しかし、実際に見てみると、どう見ても「アパート」と呼んだ方がふさわしい建物がいくらでもあります。

逆に、「〇〇荘」「コーポ〇〇」などと、古めかしい建物名称となっているのに、設備も新しく、セキュリティーがしっかりしている建物もあります。

ですので、「マンション」「アパート」という名称に惑わされず、建物の構造、設備、周りの住環境、家賃などをきちんと見極めることが大事になってきます。




PICK UP記事と広告



-不動産実務

Copyright© 不動産実務TIPS , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.