不動産鑑定士が不動産実務に役に立つ情報(TIPS)を綴ります

不動産実務TIPS

不動産実務

赤線・青線とは?法定外公共物とは?

投稿日:



公図を見ていると、これは赤線ですね。あれは青線ですね。という話が出てきたりします。

「赤線・青線」普段過ごしていると聞きなれない言葉ですが、不動産を扱う仕事をしているとよくよく耳にする単語です。今日は赤線青線について勉強していきたいと思います。

スポンサーリンク

赤線とは?青線とは?

ともに、古い公図(主に明治時代に作成されたもの)によく出てくる言葉です。それぞれ赤色、青色に着色されていたことから、赤線、青線と呼ばれます。

赤線とは

赤線(あかせん)とは、一般的には里道(りどう)と呼ばれるもので、赤道(あかみち)とも呼ばれます。

里道とは、道路法上の道路に認定されていない道路、つまり「認定外道路」のうち、公図に赤い帯状の線で表示されていたものを指し、地番の記載がなく、登記もありません。

参考 建築基準法と道路法の道路の違い。具体例をあげて説明します。

青線とは

青線(あおせん)とは、古い公図に表示されている青い帯状の土地をいいます。青線は、河川や水路などのうち、河川法や下水道法などの適用や準用を受けないものを言います。これらの多くは農業用水路または水路跡であり、現地では水流が既に無くなっているものもあります。

これらの水路は、里道と同様に通常は登記の無い無地番の土地となっています。

法定外公共物とは?

赤線、青線の多くは法定外公共物です。

法定外公共物とは、道路法、河川法、下水道法、海岸法等の法令の適用又は準用がなく、かつ登記上私権が設定されていない公共物です。

つまり、法的根拠もない土地(公共物)のことを指します。




PICK UP記事と広告



-不動産実務

Copyright© 不動産実務TIPS , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.