不動産鑑定士が不動産実務に役に立つ情報(TIPS)を綴ります

不動産実務TIPS

ツール

建設と建築の違いは何か。建築工事、建設工事とは?

投稿日:



建設建築はどうちがうのでしょうか?

紛らわしこの2つの用語の違いを解説していきます。

建築と建設の違い

建築と建設の違いを考える場合、まずは建築の定義について確認してみると分かりやすいです。

建築については建築基準法に用語が規定されています。

建築基準法 第2条(用語の定義)

13 建築 建築物を新築し、増築し、改築し、又は移転することをいう。

簡単にまとめると、建物を建てる行為が建築です。

建設ってどんな意味?

建設は、建築物をはじめとして、道路や橋などを広く含んだ構造物をつくる行為です。

つまり、建築は建設の中の一部なんです。

建築と建設の関係

建設工事と建築工事

建設業法で、建設業は「元請、下請その他いかなる名義をもってするかを問わず、建設工事の完成を請け負う営業をいう」とされています。

同法の別表では、建設工事を土木工事・建築工事と、その他の専門工事27種類の合計29種類を建設工事として具体的に列挙してます。

建設工事の29種類

  1. 土木一式工事
  2. 建築一式工事
  3. 大工工事
  4. 左官工事
  5. とび・土工・コンクリート工事
  6. 石工事
  7. 屋根工事
  8. 電気工事
  9. 管工事
  10. タイル・れんが・ブロツク工事
  11. 鋼構造物工事
  12. 鉄筋工事
  13. 舗装工事
  14. しゆんせつ工事
  15. 板金工事
  16. ガラス工事
  17. 塗装工事
  18. 防水工事
  19. 内装仕上工事
  20. 機械器具設置工事
  21. 熱絶縁工事
  22. 電気通信工事
  23. 造園工事
  24. さく井工事
  25. 建具工事
  26. 水道施設工事
  27. 消防施設工事
  28. 清掃施設工事
  29. 解体工事

建築と建設の英語

最後に建築は英語ではどう訳すのかにふれておきます。

日本語 英語
建築 Architecture
建設 Construction

いかがだったでしょうか。

建築と建設の意味の違い、使い分けがお分かりいただけたでしょうか。




PICK UP記事と広告



-ツール

Copyright© 不動産実務TIPS , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.