不動産鑑定士が不動産実務に役に立つ情報(TIPS)を綴ります

不動産実務TIPS

ツール

何でもPDFにしてしまう無料のPDF作成ソフト、CubePDFがおすすめ

更新日:



PDF関連のソフト紹介が続いているんですがこれで最後です。

参考 タブ切り替え型の多機能PDFビューア、フリーソフトの「PDF-XChange Viewer」がおススメ

参考 PDFで面積を測定するにはフリーソフトの"Foxit J-Reader"が便利

今回はエクセルやワード、その他何でもPDFにできてしまう無料のPDF作成ソフト”CubePDF”を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

CubePDF

2016-04-26_07h35_14

URL 無料PDF作成ソフト|CubePDF

サッと書き出し! 使い勝手No.1。あなたを迷わせない。
CubePDFは、お使いの様々なアプリケーションからいつでも必要な時に、すばやくPDF形式などに変換することができる、とても便利なPDF作成ソフトです。 印刷するのと同じ操作でサッとデータ書き出しが行えるので、操作に戸惑うこともありません。しかも、完全無料のフリーソフト。是非今すぐお試しください。

動作環境

ソフト名: CubePDF
動作OS: Windows 10/8/7/Vista
機種: x64 IBM-PC
種類: フリーソフト
作者: キューブ・ソフト

インストール

日本の会社で作られているソフトなので安心して使えます。インストールは簡単で、国内最大級のフリーソフト流通サイト、ベクター(Vector)でダウンロード・インストールが可能です。

URL ベクター|CubePDF

使い方

使い方は至極簡単!印刷をするだけです。

2016-04-26_07h48_22

印刷画面でCubePDFを選択しましょう

2016-04-26_07h49_58

上のような画面がでてきます。色々な設定ができますが、主に使うのは2つです。

  • ファイルタイプ
  • 出力ファイル

ファイルタイプ

主にPDFを作成するために使うこのソフトですが、PDF以外のものも作成できます。PDF以外にも PS / EPS /SVG / PNG / JPG / BMP / TIF への変換に対応しています。

画像データに変換したい場合などに使うと便利です。

スポンサーリンク

出力ファイル

どこに保存をするかを選択できます。また、同じ名前のファイルがあった場合は、上書きをするのか、PDFの一番前に付けるのか、最後に付けるのかなどを選択できます。

複数のものを1つのPDFファイルにまとめたいときなどは便利ですね。

まとめ

未だに紙に印刷してからスキャンで読み取ったPDFを配布されることがあります。スキャンするとどうしても汚くなりますし、ファイルの容量も大きくなります。良いこと無しなので、PDF作成ソフトで美しいPDFの作成を心がけたいものです。

2016-04-26_07h57_31

ソフトを作成しているキューブ・ソフトのホームページを始めて見たんですが、CubePDFだけでなく、色々なソフトを作成しているんですね。私はまだ試したことがないですが、便利そうなソフトがありましたらまた紹介したいと思います。

PICK UP記事と広告



-ツール

Copyright© 不動産実務TIPS , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.