不動産鑑定士が不動産実務に役に立つ情報(TIPS)を綴ります

不動産実務TIPS

ツール

ギガらくWi-Fiの解約には高額の違約金が必要?NTT代理店からの営業電話から学ぶこと

更新日:



NTT代理店と名乗る会社から営業の電話がありました。内容はギガらくWi-Fiという商品の営業なんですが、営業のしかたが狡猾で強引で本当に嫌な感じでした。

代理店の会社名を書くことは控えますが、検索してみると強引な営業で有名みたいです。

ギガ楽Wi-FiはNTTが販売する商品なのですが、解約するには数万円から中には10万円以上の違約金が必要になります。違約金のことなど全く説明せずに、当然のようにギガ楽Wi-Fiを勧めてくる代理店。

きちんと契約内容を納得してギガ楽Wi-Fiを契約したのなら何も言うことはありませんが、説明不足で騙されて契約してしまった人も中にはいるはず。

今回は悪質なNTT代理店の特徴と対策。そしてギガ楽Wi-Fiをつい頼んでしまって後悔している人に対して、解約方法などを説明していきます。

スポンサーリンク

悪質NTT代理店の営業方法

悪質な代理店の特徴、セールストークは決まっています。悪質な代理店ばかりではありませんが、悪質な代理店の特徴を覚えておいてください。

悪質なNTT代理店の4つの特徴

  • NTTを名乗る、又はNTTを強調する
  • 現在の契約が終了するなどと言う
  • 使っているルーターに問題があるという
  • 営業とはいわない

全部又は一部が当てはまったのならば要注意です。それぞれを説明していきます。

気をつけたいセールストーク

  • NTT東日本です
  • 無線LANの機器を送ります。いつがよろしいでしょうか?
  • 今の契約よりも安くなります。
  • 防犯カメラも付けることができ、お得になります。
  • 初期費用はかかりません。

NTTを名乗る、又はNTTを強調する

うちの会社に電話があったときは、NTTの代理店の「○○社」ですときちんと名乗りましたが、代理店と言わずにNTTですと名乗る場合もあるようです。

要注意ですね。

代理店名を名乗ってもNTTをむやみに強調して、何かをいうたびに「NTTの」「NTTから」というセールストークをします。最初に電話を受けたのが年配の事務員だったんですが、受け答えを聞いていて怪しかったので途中から変わってもらい自分が話しました。

目の前にパソコンやスマホがあるのなら、電話をしながら会社名を検索してみるとよいと思います。私もそれであんまり評判のよくない会社だと分かりました。

「強引な営業がうざい」などと書き込みがありました。

スポンサーリンク

現在の契約が終了するなどと言う

うちにあった営業電話は悪質で、「現在の契約がなくなりますので、次の契約に変更になります。」と平気で嘘をついてきました。売り文句としては「ギガ楽Wi-Fi」というものを導入してもらうことになりますが、毎月の料金は安くなりますので損はありません!とのことでした。

安くなるのはケースバイケースのようです。

何だかんだと色んなオプションを付けさせられて、毎月の使用料が上がるケースも多いようです。

きちんと納得して契約ができるのならそれでいいですが、相手が相手なのでまともな説明は期待できません。さっさと断ってしまうに限ります。

使っているルーターに問題があるという

電話の中で、ルーターやモデムがどうなってくるかを尋ねてきます。質問に答えていると、ルーターに問題があるので交換する必要があると言い出します。

私の場合はそのときは事務員さんが電話を受けていましたので、詳しい内容は聞いていません

営業とはいわない

話しぶりが、「こうしてみたらどうですか?」「こうすると安くなりますよ?」という提案型ではありません。

当然変えなくてはいけないような口ぶりで、「ギガ楽Wi-Fiに契約が変わります」「契約が新しくなりますので、新しい契約をしなければならなくなりました(でも損はしません)」と話してきます。

うちの事務員さんも当然契約を変えなければいけないんだといった感じで対応していました。怪しかったので変わってもらい途中から私が電話対応しましたが、「これは変えなければいけないんですか?変えませんかという営業ですか?」と尋ねたところやっと「NTTからの提案です」と答えました。

NTTじゃないし!

スポンサーリンク

その他

なぜか事務員さんは自分の携帯電話の番号を聞かれていました。

「なぜ?」「何の必要が?」

連絡が取りやすいようにと言っていたようですが、何の必要もありませんね。

契約を変えたら、もしかしたら本当に安くなったのかもしれませんし、便利になったのかもしれません。でも全く信用できませんね。

営業だという確認をしてから「結構です」とガチャ切りしました。

事務員さんが対応しつづけていたら、契約を変更させられていたかもしれません。恐ろしいですね。

では、営業の口車にのせられて契約してしまった場合はどうなんでしょうか?

ギガらくWi-Fiの解約には解約金が必要になる!?

ギガらくWi-Fiの解約には解約金が必要になる場合があります。

NTT東日本のホームページから解約金に関する部分だけ引用してみました。

最低利用期間の途中で解約された場合、残月数に応じた所定の解約金を一括でお支払いいただきます。

  • 「ハイエンドプラン バリュータイプ(5年タイプ)」:残月数×1,800円
  • 「カメラオプション」:残月数×2,500円
  • 「5年タイプ」(リモートアクセスオプション):残月数×2,200円
  • 「5年タイプ」(LAN給電オプション):残月数×320円
  • 「ハイエンドプラン 2年タイプ」および各オプションの「2年タイプ」:残月数×月額利用料

NTT東日本|ギガ楽Wi-Fiハイエンドプラン料金

最低利用期間は契約に異なりますが、2年か5年です。つまり2年か5年経過しないと違約金なしで解約することができません。契約を更新したときにもまた最低利用期間に応じた違約金が発生します。しかも一括で。

契約して数か月で解約する場合、解約金が10万円超になったりします。

スポンサーリンク

ギガらくwi-fiの解約方法

悪質な営業によって契約をしてしまった場合は、次の対応により違約金を取り戻した例もあるようです。

  1. NTT代理店に、本意でなく契約してしまったので解約したい旨の電話をする
  2. NTT本社に電話をして、今までの経緯を説明する
  3. NTTのお客様相談センターに悪質な勧誘があったむねの報告する
  4. 消費者生活センター」か「国民生活センター」に連絡し、相談する

営業内容が誤解を招くようなセールストークをして、だまされて契約をしてしまった場合はまずは相談をしてみてください。違約金が戻ってくるかもしれません。

具体的な悪質な販売勧誘例を記載しておきます。当てはまるようなら相談してみてくださいね。

スポンサーリンク

悪質な販売勧誘事例

NTT東日本のホームページに悪質な販売勧誘事例が4つ記載されています。

悪質な販売勧誘事例

  • 「NTTの委託を受けてNTTに代わって、電話料金が安くなる申込受付をしています。後日うかがいますので申込書に署名・捺印してください」と事実に反することを伝え、NTT東日本をかたって他社サービスへの申込に勧誘する。
  • 「電話番号を登録するだけで電話料金が安くなります。○○○○※の代理店ですがNTTと話がついているので安心して登録してください。○○○○※との契約にはなりません」と事実に反することを伝え、他社サービスへの申込に勧誘する。
  • 「NTTと連携したため、料金が安くなり料金回収は○○○○※が行うようになるので印鑑をください。○○○○※にしないと電話が使えなくなります」と事実に反することを伝え、NTT東日本をかたって他社サービスへの申込に勧誘する。
  • 「企業の電話は、NTTから○○○○※に○月からマイラインが変わります。手続きをするためファクスを送りますので記入・捺印して送り返してください。皆さん登録されていますよ」と事実に反することを伝え、他社サービスへの申込に勧誘する。

ギガらくwi-fiの良いところ

営業がしつこく、許せなかっただけで、「ぎがらくWi-Fi」はNTT東日本が正規に行っている素晴らしいサービスです。

人が多く集まるところでは、特に利点が大きいと思います。

オフィスや店舗で役立つ機能に加え、プロによる導入から運用までのサポートが付いた、
安心・カンタン・すぐに使えるWi-Fiサービスです

ギガらくwi-fiの良いところ

  • ネットの同時接続数100台~
  • 設定も細かく行うことができる
  • 接続の設定はNTT東日本が行ってくれて、事業主には細かい知識は不要
  • つながらなくなるなどの急なトラブルにも電話一本で対応

参考 NTT東日本|「ギガらくWi-Fi」とは

導入から運用までをサポートしてくれるのは、専門知識がない人(私もそうです)にとってはありがたいですね。

とはいえ、私の会社のような小規模な事務所では、ぎがらくWi-Fiを導入するまでのものは必要ありませんでした。

市販の無線LANルーター(Wi-Fiルーター)を購入して、Wi-Fi環境を作っています。

ギガらくwi-fiの営業から学んだこと

強引な営業活動。

特に今回のように人をだますような形での営業活動は許されるべきではありません。

ただ、うかつに契約をしてしまうとこちらに落ち度がなかったかと言われると、全部が全部そうは言いきれません。

もし契約をするのならば、契約前の重要事項説明をきちんと聞く。分からないところは確認するのが大事だなと思いました。

「安くなる」という甘い言葉だけで、後ははいはいと契約をして、後々になって「そんなことは聞いていない!」なんて言わずに済むようにしたいものですね。

迷惑電話対策機能付きの電話も便利

私は営業電話などを簡単に断れる人間なのですが、中にはなかなか断れない人もいますよね。

フリーダイヤル0120や0800を一括して拒否できる機能「迷惑電話対策」が付いた電話機もあります。数千円から購入ができるので、営業電話で時間が取られるのが嫌だ!営業電話は断れないから苦手。という方には特におすすめです。




PICK UP記事と広告



-ツール

Copyright© 不動産実務TIPS , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.