不動産鑑定士が不動産実務に役に立つ情報(TIPS)を綴ります

不動産実務TIPS

ツール

[Gmailの誤送信]間違えて送信したメールを簡単にキャンセルする方法

更新日:



友人とのやりとりにはほぼ100%、LINEを使うことが多くなりましたが、買い物サイトamazonや宿泊サイトじゃらんなど至る所でアカウントを作る際にメールアドレスが必要となります。

そのため、個人用にGmail(ジーメール)を使っている人は多いんじゃないでしょうか?

Gmailには便利な機能があり、誤って送ってしまったメールでも数秒間だけはキャンセルすることができます。今日はGmailの役立つ豆知識を紹介します。

スポンサーリンク

間違えて送信ボタンを押してしまってもキャンセルできる

パソコンのGmailの画面でメールを送信すると、次のようなメッセージがでると思います。

設定をしていないと、このTIPSは使えないんですが、間違えてメールを送信してしまってもキャンセルをすることができるんです。そう。Gmailならね!

誤送信防止のためにも、キャンセルの設定をしよう!

設定をしてみましょう。Gmail画面の右上に歯車(ギア)のマークがあります。これはオプションのメール設定を変更するボタンです。

上のような画面が開きます。[全般]の下へ進みましょう。

[送信取り消し]ボタンが現れます。

送信取り消し機能を有効にする。にチェックを入れましょう。

取り消せる時間は5秒~30秒の間で設定することができます。30秒は長いかな?と思いますが、感覚で決めてしまえばいいでしょう。私は10秒で設定をしています。感覚的に10秒あれば、「間違えた!」と気づいても十分キャンセル操作が可能なんじゃないでしょうか。

実際にメールをキャンセルしてみる。

実際にメールを作成し送信ボタンを押してみます。そうすると、先ほどとは違って[取消]というボタンが現れることが分かります。

取消ボタンを押してみましょう。取り消された旨のメッセージが表示されます。

では、取り消されたメールはどこへ行ったんでしょう?せっかく長く書いたメールがなくなってしまうのは寂しいですね。一からまた文章を書くのも大変です。

メールの文章を再度利用したいときは[下書き]を見てください。このように下書きボックスに先ほど取り消されたメールが残されていました。

 

PICK UP記事と広告



-ツール

Copyright© 不動産実務TIPS , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.