不動産鑑定士が不動産実務に役に立つ情報(TIPS)を綴ります

不動産実務TIPS

ツール

一致と合致の違い。使い分けについてのまとめ

投稿日:

似たようで違う言葉、「一致」と「合致」。

ともに「2つのものが合うこと、1つになること」というような意味合いで使われますが、どのように使い分けられるのでしょう?

合致と一致の例文

  • 鑑定の結果、DNAが一致した。
  • 鑑定の結果、DNAが合致した。

上の例文を考えてみると、一致とはいいますが、合致は使いませんね。合致と一致、同じ用法で使われるのかとも思いましたが、やはり違うようです。

今日は一致と合致の違いについて調べてみました。

スポンサーリンク

一致と合致の違い

デジタル大辞泉、コトバンクでそれぞれの意味を調べてみました。

一致の意味

[名](スル)
二つ以上のものがぴったり一つになること。くいちがいなく同じであること。合致。「意見の一致をみる」「指紋が一致する」「満場一致」
ごく普通の道理。
「気遣ひいたすも―なれば」〈浮・禁短気・四〉

合致の意味

[名](スル)ぴったり合うこと。一致すること。「目的に合致する」「二人の見解が合致する」

スポンサーリンク

一致と合致の違い

私もはじめは分からなかったんですが、色々調べて行くと違いが分かりました。

合致は抽象的な事柄だけに使い、一致は抽象的な事柄だけではなく、具体的なものについても使われます。一番最初に合致と一致の例文をあげました。

合致と一致の例文

  • 鑑定の結果、DNAが一致した。
  • 鑑定の結果、DNAが合致した。

この場合、合致という言葉遣いだと変ですね。これはDNAが具体的なものだからです。例えば、「考え」という抽象的なものであれば、一致でも合致でも使われます。

合致と一致の例文

  • 二人の意見が一致した。
  • 二人の意見が合致した。

べん図で書くと次のとおりです。

一致の方が具体的なものにも使われる分、広く使える言葉といえます。

まとめ

一致と合致の違いをおさらいしてみます。

合致は抽象的なものだけに使われ、一致は抽象的なもののみならず、具体的なものにも使われる

 

PICK UP記事と広告



-ツール

Copyright© 不動産実務TIPS , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.