不動産鑑定士が不動産実務に役に立つ情報(TIPS)を綴ります

不動産実務TIPS

ツール

買取再販業者とは?買取業者に住宅を売却するデメリットは?

更新日:



中古住宅の流通が活性化している中、買取再販業者という事業形態が注目を浴びています。

では、買取再販業者とはどのような業態なのでしょうか?

住宅(戸建住宅・マンション)の売却を考えたとき、買取再販業者に売却することは、メリットもあればデメリットもあります。

そのメリット・デメリットとは何なんでしょうか?

この記事では買取再販業者について解説します。

買取再販業者とは?

買取再販業とは、中古住宅を仕入れリノベーションしたのち「再生住宅」として販売する中古住宅再生事業です。

中古住宅を売主(自社物件)として売却している不動産業者を広告で見かけることがあると思います。これが買取再販業者です。

買取再販業者の中には、自社でリフォームを手掛ける不動産業者も多く、そのため建築会社系の業者が多いことも特徴です。

では、買取再販業者にはどんな会社があるでしょうか。

不動産買取ランキングにみる買取再販業者

リフォーム産業新聞社が毎年中古住宅買取再販販売戸数をランキングにした記事をだしています。

参考 リフォーム産業新聞社

この記事から引用して、買取再販業者トップ10を紹介したいと思います。

リフォーム産業新聞の記事ではもっと詳細な分析がなされていますので、興味のある方は新聞をみてください。

中古住宅買取再販販売戸数ランキング

  1. カチタス(年間3,692戸)
  2. べストランド(年間2,220戸)
  3. インテリックス(年間1,472戸)
  4. 大京穴吹不動産(年間1,471戸)
  5. フジ住宅(年間1,326戸)
  6. リプライス(年間1,081戸)
  7. イーグランド(年間947戸)
  8. オークラヤ住宅(年間755戸)
  9. レジデンシャル不動産(年間649戸)
  10. スター・マイカ(年間600戸)

カチタスは昔はやすらぎという名前で営業していた会社ですね。

全国に100営業所以上の拠点を有し、全国展開を行うカチタスがトップでした。

買取再販業者に住宅を売却するデメリット

住宅やマンションの売却を考えたとき、買取再販業者に売却することは大きなデメリットがあります。

それは何でしょうか。

住宅を売るときは、買取再販業者に売ってはならない?

先日、記事で「家・住宅を高く売るためにすべきこと。不動産鑑定士が徹底解説。」をまとめました。

この中ではあまり触れていませんが、住宅の売却を考えたとき、買取再販業者に売ると、かなり安い価格となってしまいます。

買取再販業者の仕入れ値は、リフォーム後の住宅の販売価格からリフォーム費用と業者の利益を引いた値段となります。

つまり、業者の利益の分だけ仕入れ値は安くしないといけません。

家を売る側からすると、業者の利益分だけ売却価格が減ってしまいます。

このことから、住宅を売るときは、買取再販業者に売ってはならない。という結論になります。

買取再販業者に住宅を売却するメリット

買取再販業者に住宅を売却するメリットは、早く住宅を売却して現金を手に入れられるということです。

不動産業者が直接買い取ってくれるため、お客さんを探す時間がありません。

買い主を探すには通常数か月、長いと1年近く買い希望者が現れないこともあります。買取再販業者ならば即日見積もりしてくれる会社も多いですし、すぐにお金を手にすることができます。

買取再販業者に家を売るメリットはお金をすぐに手に入れられること、しかしデメリットとして買取金額は安くなる傾向にあります。

家を高く、確実に売るためには?

では、住宅、マンションを出来る限り高く、確実に売るためにはどうすれば良いのでしょうか。

売れる範囲内で高めの価格設定をし、家の見た目をよくするように掃除(場合によってはリフォーム)をする。

この姿勢が大事です。

高く売るためには複数の業者に査定をお願いすることも大切

家の見た目をよくするということは掃除やリフォームで対応することが可能です。

では、高く売るにはどのようにすれば良いのでしょうか。

それは高く売ってくれる不動産業者を見つけることが大事です。

売却をお願いした不動産業者によっては査定価格が2~3割差があることも多くあります。

不動産業者にとっては、高くうることも大事ですが、たくさんの物件を売ることの方が大事です。

そのために、売りやすい価格、つまり安い価格で売却してしまおうという不動産業者が一定数いるのです。

不動産業者の価格査定のバラつき(例)

不動産業者の価格査定のバラつきの例です。

A社 B社 C社 D社
2,580万円 2,320万円 2,610万円 2,190万円

1社だけに査定依頼をしなかったとして、それがD社だったとしたら損をした気分になりませんか?やっぱり高く売ってくれそうなC社にお願いしたいですよね。

とはいえ、複数の不動産業者をまわるのもかなりの手間です。「不動産価格査定サービス」を使えば、一回の申し込みで複数の不動産業者からの査定結果を得ることができます。

不動産価格査定サービスは多くの会社が行っていますが、登録業者数が1600社、累計利用者が1000万人超の最大手の不動産価格不動産価格一括査定サイトの「イエウール」が最もおススメです。

イエウールで価格査定サービスを利用してみる

イエウールを利用したからといって、価格査定をおこなった不動産業者と媒介契約を結ばなければいけないとは限りません。

不動産業者からの悪質な電話営業などを心配されている方も多いと思いますが、クレームの多い不動産業者は排除される仕組みがきちんとできているので、その心配もありません。

悪質な不動産業者が排除されているのは利用者にとって本当にありがたいことですね。安心して価格査定サービスをご利用ください。

イエウール利用の流れ

イエウールのホームページ画像から利用の流れを説明します。

まずは不動産情報とお客様の情報をネット上で登録します。入力時間の目安は1分です。

必要な作業はこれだけ。

イエウールが勝手に不動産業者をマッチングしてくれますので、気になる不動産業者に査定を依頼します。最大6社

ここまで全てネットで作業が完了します。

後は、送られてきた査定書をもとに、気になる不動産会社と連絡をとりあって、これだ!という不動産業者に売却をお願いしましょう。

これで、不幸にも住宅売却が不得意な不動産業者を選んでしまうということはなくなります。もちろんサービスの利用は完全無料なので安心して利用してください。

別記事では、悪徳な不動産業者に出会わないためにはどうすべきか?「不動産業者の選び方、良い不動産屋さんと出会うために」という記事も書いています。参考にしてみてください。

不動産業者の選び方、良い不動産屋さんと出会うために

不動産業者(宅建業者)の数は 最新の統計では 123,782 業者もあります。 参考 一般財団法人不動産適正取引機構|平成 29 年度末 宅建業者と宅地建物取引士の統計について 一般の人のイメージとし ...

続きを見る




PICK UP記事と広告



-ツール

Copyright© 不動産実務TIPS , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.