不動産鑑定士が不動産実務に役に立つ情報(TIPS)を綴ります

不動産実務TIPS

不動産実務

不動産業者の選び方、良い不動産屋さんと出会うために

投稿日:



不動産業者(宅建業者)の数は 最新の統計では 123,782 業者もあります。

参考 一般財団法人不動産適正取引機構|平成 29 年度末 宅建業者と宅地建物取引士の統計について

一般の人のイメージとして、不動産業者って「胡散臭い(うさんくさい)」、「あやしい」、「調子がいい」というイメージがありませんか?

私は不動産鑑定士という仕事をしており、不動産業者の方ともよく付き合っていますが、業者の方々も自分たちの業界のことをあやしいと言っています。

一つ一つの不動産業者と付き合っていると、誠実でクリーンな不動産業者はたくさんあります。

しかし、業界のイメージはあやしさでいっぱいなんですね。

住宅・マンションを購入するとき、家を建てるときには不動産業者と付き合うことが欠かせません。

しかし、馴染みの不動産業者、よく知っている不動産業者をもっている個人の人は少ないんじゃないでしょうか?

普通の人が不動産業者と付き合うのは、限られています。住宅を買うとき、そして売るときぐらいです。

限られた回数ですが、不動産業者選びはとても大切です。場合によっては数百万円をすることもあります。

今日はたくさんの不動産業者と付き合う私が良い不動産屋さんと出会うための不動産業者の選び方、探し方を紹介します。

なぜ不動産業者には横柄な人が多いのか

今は少なくなりましたが、不動産業者には横柄な人が多くいました。

家族経営のような会社で、お山の大将のような社長が多かったんですね。サラリーマン経験もなく一般的な社会勉強をしないまま不動産屋さんになった人が多かったので、結果横柄になってしまう人がいました。

最近では減りましたが、いわゆる変わり者のような不動産屋さんもまだいます。

大事な住宅を売却するのに、こんな変わり者の不動産業者さんに任せられないですよね。

この記事は、変な不動産業者に出会わないためにどうするかという記事でもあります。

不動産屋さんには物件によって得意・不得意がある

不動産業者は不動産のエキスパート。

どんな不動産でも売却してくれる。と考えている方がたまにいます。

しかしそうではありません。

不動産業者は得手不得手があります。

住宅売買が得意な不動産業者、賃貸しかやらない不動産業者、店舗事務所にも強い不動産業者、マンション売買に強い不動産業者など、さまざまな不動産業者がいます。

エリアについても、得意なエリアと不得意なエリアがあります。

不動産業者を選ぶときは、不動産業者は万能ではないということに注意して選ばなければなりません。

良い不動産業者とはどんな不動産屋か?

住宅を売却する場合を想定しましょう。

良い不動産業者はどんな不動産屋さんなんでしょうか?

  • 「仕事が正確」
  • 「失礼がない」
  • 「話がしやすい」
  • 「不動産に関する知識が豊富」
  • 「高く住宅を売ってくれる」

箇条書きにしましたが、たくさん条件がでてきます。

上の4つについては、不動産屋さんと話していればその人が「誠実なのか」「不動産に関する知識が豊富なのか」は何となく分かると思います。

何を言っても答えを保留にして、質問に答えてくれない不動産屋さんは案外多いものです。

一番大事な点ですが、一番分からなないのが「高く住宅を売ってくれる不動産業者」はどんな業者なのか。

ということです。

住宅を高く売ってくれる不動産業者とは?

不動産の価格は一つで、一つの不動産業者が2500万円といえば、その価格でしか住宅は売れない。

そんな風に考えていませんか?

その考えは間違えです。

一つの不動産業者が2500万円と査定しても、違う業者では2,000万円と査定するかもしれません。逆に3,000万円とさていする不動産業者もいるでしょう。

不動産の価格は値札が付いている訳ではありません。中古住宅は価格のバラつきが大きく不動産業者によっては、査定もかなりの価格差があります。

住宅査定の価格差はなぜ起こる?

住宅の価格査定において、なぜ価格のバラつきがあるのでしょうか。

それは不動産業者は建物に詳しくないからです。もう一つの原因は、不動産業者の得意不得意です。

土地の価格はあまり差が付きづらいのですが、建物は調査が難しいことから価格差が大きくなりがちです。そのため自信のない不動産業者は建物の価値を低く査定しがちです。

築20年だから建物価格はゼロ円、無価値だ!なんて言っている不動産業者がまだいるとすると、建物に関して全く知らないと言っているのと同じ意味です。

もう一つは不動産業者の得意不得意です。

不動産業者によっても、マンションが強かったり、住宅が強かったりと得意不得意があります。

住宅を売るのであれば、住宅に強い不動産業者を選ぶべきです。

エリアに関しても、その住宅のエリアに詳しい不動産業者を選ぶべきです。

エリアに弱く、優良な顧客を抱えていないような不動産業者に頼んでも、高い価格では住宅を売却できません。

次に、価格査定のバラつきの例です。

不動産業者の価格査定のバラつき(例)

A社 B社 C社 D社
2,580万円 2,320万円 2,610万円 2,190万円

1社だけに査定依頼をしなかったとして、それがD社だったとしたら損をした気分になりませんか?やっぱり高く売ってくれそうなC社にお願いしたいですよね。

下で詳しく説明しますが、「不動産価格査定サービス」を使えば、一回の申し込みで複数の不動産業者からの査定結果を得ることができます。

イエウールならば優良な不動産業者に出会える!

不動産の売却サービスに「イエウール」があります。

不動産価格査定サービスは多くの会社が行っていますが、登録業者数が1600社、累計利用者が1000万人超の最大手の不動産価格不動産価格一括査定サイトです。

なぜイエウールなら優良な不動産業者に出会えるのかを説明しましょう。

不動産業者は得意なエリアの得意な物件で登録している。

イエウールでは、住宅のエリアや物件の種類(土地のみなのか、住宅なのか、マンションなのかなど)を選択します。

選択された不動産に合致した不動産業者を紹介してくれるのですが、不動産業者はそのエリア、その物件のスペシャリストです。

得意なエリア、物件に登録した不動産業者を紹介してくれるので、「この業者、住宅に全然強くないな?」なんてことはありません。

また、エリアに関しても不動産業者が得意なエリアで登録しています。

エリアや物件種類を選ぶと、イエウールがマッチングしてくれた不動産業者がサイト上に現れますので、気になる不動産業者に価格査定を頼むことができます。

一度に6社まで依頼することができますので、何度も不動産業者に足を運ぶようなことはありません。

クレーム通報制度により悪徳な不動産業者が排除されている

イエウールには、お客さんが悪徳な不動産業者に出会ってしまったときのクレーム通報制度があります。

この制度によってクレームの多い不動産業者は排除されています。

結果として、イエウールの顧客満足度は98%

2014年からの浅い運営歴ですが断トツの成果をだしています。

優良な不動産業者が多く残ったこともあり、イエウールの利用実績も1,000万件を超えています。

イエウールで価格査定サービスを利用してみる

イエウールを利用したからといって、価格査定をおこなった不動産業者と媒介契約を結ばなければいけないとは限りません。

不動産業者からの悪質な電話営業などを心配されている方も多いと思いますが、クレームの多い不動産業者は排除される仕組みがきちんとできているので、その心配もありません。

悪質な不動産業者が排除されているのは利用者にとって本当にありがたいことですね。安心して価格査定サービスをご利用ください。

イエウール利用の流れ

イエウールのホームページ画像から利用の流れを説明します。

まずは不動産情報とお客様の情報をネット上で登録します。入力時間の目安は1分です。

必要な作業はこれだけ。

イエウールが勝手に不動産業者をマッチングしてくれますので、気になる不動産業者に査定を依頼します。最大6社

ここまで全てネットで作業が完了します。

後は、送られてきた査定書をもとに、気になる不動産会社と連絡をとりあって、これだ!という不動産業者に売却をお願いしましょう。

これで、不幸にも住宅売却が不得意な不動産業者を選んでしまうということはなくなります。もちろんサービスの利用は完全無料なので安心して利用してください。

別記事では、家を高く売るためにはどのような準備をすれば良いのかも解説しています。参考にしてみてください。

>> 家・住宅を高く売るためにすべきこと。不動産鑑定士が徹底解説。




PICK UP記事と広告



-不動産実務

Copyright© 不動産実務TIPS , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.