不動産鑑定士が不動産実務に役に立つ情報(TIPS)を綴ります

不動産実務TIPS

不動産実務

家・住宅を高く売るためにすべきこと。不動産鑑定士が徹底解説。

更新日:



「ライフスタイルの変化」や「引っ越し」などのタイミングで家を手放すことになる方は多いです。

家を売却する人の共通の願いは、「1円でも高く売りたい!!」ということじゃないでしょうか。

今日は、不動産の専門家「不動産鑑定士」である私が、どうやったら住宅を高く売れるのかを解説していきます。

家を高く売るためにすべきこと3つ

家を売却するときはできるだけ高く売りたいですよね。

では高く売るためにはどうしたら良いのでしょうか。大事なことは次の3つ

  1. 家の見た目を良くする
  2. 売却に時間をかける
  3. 近隣の相場を調べる

この3つを順番で丁寧に説明します。

家の見た目をきれいにする

そんなこと?

と、思われるかもしれませんが、一番大事なのは家の見た目です。

中古住宅は新築とは異なり、建物の痛み・汚れがどうしても発生してきます。建物の瑕疵を隠すことはいけないことですが、見た目をきれいにすることはとても重要です。

不動産屋が自分で中古住宅を購入して、エンドユーザーに売却する際、必ずやることがこの「見た目をきれいにする」ことです。

具体的には

  • 水回りの掃除・リフォーム
  • 内外壁のリフォーム
  • 庭の手入れ

です。

この中でも最も大事なのが水回りといわれる、お風呂、トイレ、キッチンをきれいにすることです。

水回りをきれいに掃除する

中古住宅を売却するとき、住宅を買いたい希望者に家を見せなければいけません。

このとき、お風呂やトイレが汚いと買いたいと思いますか?

お風呂やトイレが汚れていると、一発で家の印象が悪くなります。

住宅の印象を決める一番のポイントが、実は水回りなんです。

築年数が古いと、リフォームを検討する購入者も多いですが、それでも水回りをきれいにしておくことは大事です。

素人の掃除ではなかなかきれいになりませんよね。掃除のプロにお願いしてお風呂やトイレをきれいにすることで家の価値を上げることができます。

売却を本気で考えたら、ぜひプロの手で掃除をしてみてください。どこに頼んだらよいか分からない。という方のために全国対応のハウスクリーニングサイト「あなたのマイスター」を紹介します。

サイトを見ていただければ一目瞭然ですが、本当にきれいになりますよ。

>> あなたのマイスターで水回りの清掃を調べる

内外壁のリフォーム・庭の手入れ

リフォームに関しては売却前にリフォームをして売りに出す場合と、リフォーム前の状態で売却して購入者がリフォームをする場合の2とおりがあります。

リフォームをした方が売りやすくなりますが、数百万円のお金が最初に必要になります。

場合によっては、リフォーム代金以上に高く売れることもありますが、どの程度リフォームをすれば良いのかの判断が難しいですね。

不動産屋さんと相談して、決めることが大事です。

一番やってはダメなのが、自分が好きなようにリフォームしてしまうことです。

リフォームをするときは、みんなが使いやすいような、みんなが好むようなリフォームを考えなければいけません。

あんまり個性的なリフォームは望まれないということですね。

売却に時間をかける

家は売りに出したからといって簡単に売れるものではありません。

また、一年で売りやすい時期と売りづらい時期もあります。

一般的に住宅を売りやすい時期は、転勤や入学などの時期の前です。つまり1月~3月ですね。

秋の9月~11月も人の動きがある時期なので、住宅を売りやすい時期です。

この時期は住宅を手放す人も多いので、住宅が高く売れる!とは一概にはいえないものの住宅が動きやすい時期であることは確かです。

早く売らなければならない事情がない限りは、急がずに購入者を見つけるのが大事です。

不動産を高く売るときは、無理のない価格設定で、ゆっくりと購入者を探しましょう。

次は、無理のない価格の設定方法についてです。

近隣の相場を調べる

自分の住宅はいったいいくらで売れるのだろう?

不動産屋さんで価格査定をしてもらうことになりますが、この価格を鵜呑みにしてはいけません。

不動産屋さんの価格査定では、2~3割の価格差、数百万円の価格差がつくことも珍しいことではなく、不動産屋さんの営業力によっても価格が異なってきます。

今はインターネットで売り物件の情報を簡単に調べることができます。

家のある地域、似たような築年数の住宅の価格を調べれば、おおよそ2000万円で売れそうかな?などという感覚を持つことができます。

家を高く売るためにはまとめ

家を高くうるためのポイント3つを説明しました。

売れる範囲内で高めの価格設定をし、家の見た目をよくするように掃除(場合によってはリフォーム)をする。

この姿勢が大事です。

高く売るためには複数の業者に査定をお願いすることも大切

「近隣の相場を調べる」で書きましたが、売却をお願いした不動産業者によっては査定価格が2~3割差があることも多くあります。

不動産業者にとっては、高くうることも大事ですが、たくさんの物件を売ることの方が大事です。

そのために、売りやすい価格、つまり安い価格で売却してしまおうという不動産業者が一定数いるのです。

不動産業者の価格査定のバラつき(例)

不動産業者の価格査定のバラつきの例です。

A社 B社 C社 D社
2,580万円 2,320万円 2,610万円 2,190万円

1社だけに査定依頼をしなかったとして、それがD社だったとしたら損をした気分になりませんか?やっぱり高く売ってくれそうなC社にお願いしたいですよね。

とはいえ、複数の不動産業者をまわるのもかなりの手間です。「不動産価格査定サービス」を使えば、一回の申し込みで複数の不動産業者からの査定結果を得ることができます。

不動産価格査定サービスは多くの会社が行っていますが、登録業者数が1600社、累計利用者が1000万人超の最大手の不動産価格不動産価格一括査定サイトの「イエウール」が最もおススメです。

イエウールで価格査定サービスを利用してみる

イエウールを利用したからといって、価格査定をおこなった不動産業者と媒介契約を結ばなければいけないとは限りません。

不動産業者からの悪質な電話営業などを心配されている方も多いと思いますが、クレームの多い不動産業者は排除される仕組みがきちんとできているので、その心配もありません。

悪質な不動産業者が排除されているのは利用者にとって本当にありがたいことですね。安心して価格査定サービスをご利用ください。

イエウール利用の流れ

イエウールのホームページ画像から利用の流れを説明します。

まずは不動産情報とお客様の情報をネット上で登録します。入力時間の目安は1分です。

必要な作業はこれだけ。

イエウールが勝手に不動産業者をマッチングしてくれますので、気になる不動産業者に査定を依頼します。最大6社

ここまで全てネットで作業が完了します。

後は、送られてきた査定書をもとに、気になる不動産会社と連絡をとりあって、これだ!という不動産業者に売却をお願いしましょう。

これで、不幸にも住宅売却が不得意な不動産業者を選んでしまうということはなくなります。もちろんサービスの利用は完全無料なので安心して利用してください。




PICK UP記事と広告



-不動産実務

Copyright© 不動産実務TIPS , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.