不動産鑑定士が不動産実務に役に立つ情報(TIPS)を綴ります

不動産実務TIPS

不動産実務

設計監理料とは?その金額の目安はいくらぐらいなのか

投稿日:



建物の見積もりの中には設計監理費用(設計監理料)という項目があります。

設計監理料はその名のとおり、設計と監理に対する費用で設計事務所などに支払います。

設計とは、お客様(施主)の要望を形にする仕事です。

設計

  • 建築主の希望を実現するプランの提案、デザインなどの基本設計
  • 基本設計を現実的な建物に落とし込む実施設計
  • 建築主の希望を聞きつつも予算内の材料選定
  • 法的な規制への対応

監理とは、設計のとおりに現場工事を推し進める業務のことです。

実際の建物が設計どおりに建築されているかをチェックする機能も果たします。

監理

  • 設計図どおりの施工が進んでいるかの現場チェック
  • 図面だけでは分かりづらい内容を現場に伝達する
  • 建築主と工事現場との間の調整役
  • 建築主への報告

設計監理料の目安

設計監理料は、国土交通省告示第15号に規定のあるとおり、人件費、経費、技術料から成り立っています。

参考 国土交通省|国土交通省告示第15号

実務の中では、建築工事費の割合(例えば建築工事費の10%)や、施工床面積に単価をかける方法がとられます。

木造住宅の設計監理料の目安

一般的な木造住宅では設計監理料は建築工事費の10%程度(5%~15%)が多いです。

2500万円の住宅であれば、250万円の設計管理料が更にかかる計算です。

施工床面積に単価をかける方式では坪6~8万円程度が標準です。

40坪の住宅であれば、坪6万円を乗じて、設計監理料は240万円となります。

建物の規模や難しさ、建築士の格によってもかなり差がありますので、参考程度にみてください。

倉庫・車庫・工場などの設計監理料の目安

工事費 倉庫・車庫・工場など
設計 監理
5000万円 4.5~5.5 2.5~3.5
1億円 4.0~5.0 2.0~3.0
5億円 3.0~3.5 1.5~2.0
10億円 2.5~3.0 1.0~1.5

事務所・店舗・マンションなどの設計監理料の目安

工事費 事務所・店舗・マンション
設計 監理
5000万円 5.5~6.5 2.5~4.0
1億円 5.0~5.5 2.0~3.5
5億円 3.5~4.0 1.5~2.0
10億円 3.0~3.5 1.0~1.5

ホテル・飲食店・病院・劇場の設計監理料の目安

工事費 ホテル・飲食店・病院・劇場など
設計 監理
5000万円 6.0~8.0 3.0~5.0
1億円 5.5~6.0 2.5~3.5
5億円 3.5~4.0 2.0~2.5
10億円 3.0~3.5 1.5~2.0

 




PICK UP記事と広告



-不動産実務

Copyright© 不動産実務TIPS , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.