不動産鑑定士が不動産実務に役に立つ情報(TIPS)を綴ります

不動産実務TIPS

不動産実務

帖と畳の違い、使い分け。1帖は何平米?

更新日:

仕事柄間取り図を描いたり、間取り図を見る機会が多いんですが、たまに「ん?」と思うのがタイトルの”帖”と”畳”の使い分けです。

”帖”と”畳”の違い、使い分け

部屋のサイズを話題にするとき「この部屋は何じょうですか?」などと話しますね。賃貸物件の間取り図にも必ず部屋の大きさの記載があると思います。

さて、この部屋のサイズの基準となる単位「じょう」ですが、”帖”なんでしょうか?”畳”なんでしょうか?

ずっと平仮名で書くのも文章が読みづらいので、ここからは帖で統一して書いていきたいと思います。

部屋の大きさの測り方。単位

まずこの「じょう」という単位について、説明していきたいと思います。1帖の大きさは畳1枚分。日本家屋は元々和室が主だったので、畳の大きさで部屋の大きさを測っていました。

よく6畳間(ろくじょうま)などと言いますね。畳が6枚分の和室という意味です。

6畳間は平米に直すと、10㎡弱の大きさですが、「10平米の部屋」と言われてもピンとこないですよね。6畳間と言われた方がイメージしやすいかと思います。洋室が増えた現在でもタタミの概念は日本人に染みついているんじゃないでしょうか。

1帖=畳が1枚分の広さ

畳の広さには色々なサイズがあります。後で詳しく説明しますので、とりあえずは1帖っていうのは畳1枚の広さなんだということだけ押さえてください。

「帖」と「畳」の違い

元々はタタミということで、1畳と表記されていたようですが、現代家屋が広がるにつれてそれでは混乱をするようになってきます。

フローリングや絨毯の洋室が増えてきたからです。洋室が増えてくると洋室に「6畳」って書くと違和感を覚えますよね?

そのため「6帖」との漢字が使われるようになってきたようです。

コトバンクで調べるととは「「畳(じょう)」に同じ」と書かれていました。その他、折り本や屏風、僧侶の袈裟などを数える単位にも使われているようです。

現在は和室・洋室の区別なく「帖」の漢字が使われることが多いですが、「畳」の漢字を使う方もいますし、和室は「畳」、洋室は「帖」と使い分ける人もいます。

「帖」の漢字を使っておけば、ほぼ間違いないかと思います。

1帖は何平米?

1帖は畳1枚の大きさと書きましたが、実際は畳の大きさは全国共通のものがあるわけではありません。

大きいものでは京間というタタミがあり、これは約1.82㎡あります。

反面、団地間と呼ばれる古いアパートやマンションでよく使われていた畳は約1.44㎡です。

一般的に部屋のサイズを測る際には1帖を1.65平米で計算します。

1間(いっけん)×0.5間(はんげん)を計算すると、約1.65㎡となります。この倍、つまり畳2枚分が1坪(いっつぼ、ひとつぼ)となります。

1坪は1間(いっけん)×1間(いっけん)なので、1.82×1.82で約3.3124㎡となります。

この1.65㎡に一番近い畳が、中京間です。

畳の話しは別でも記事にしていますので、是非ごらんんください。

参考:畳は何平米?畳の種類とサイズをまとめてみました。

公正取引規約による部屋の広さの指導基準

さきほど「1帖は1.65㎡」と書きましたが、厳密に定義されている訳ではなく、マンションなどでは「1帖=1.62㎡」で計算されているものも多くあります。

これは不動産公正取引協議会が定める公正取引規約で、「1畳当たりの広さは、1.62平方メートル以上とする(表示規約施行規則第11条第16号)」と定められているからです。

ですので、最低でも1.62㎡以上の数字で計算しないと、規約違反となってしまいます。

また、同規約ではDK(ダイニングキッチン)、LDK(リビングダイニングキッチン)と間取り図に表記する際には、最低限必要な部屋の広さも定めています。

居室数DKLDK
1部屋4.5畳8畳
2部屋以上6畳10畳

参考:DK・LDKの広さ(畳数)の目安となる指導基準

まとめ

帖と畳の違いについては分かりましたでしょうか?

昔は畳だったけど、最近は帖が多い。でも結局はどっちでも良いよ!というのが結論でした。不動産公正取引協議会の資料では一貫して「畳」を使っていますね。

私は昔から統一して「帖」を使っています。やはり今の主流を使っておけば間違いないですからね。

参考:初心者用、簡単な間取り図作成のソフトを調べてみた。ランキングで発表します!

広告




広告




-不動産実務

Copyright© 不動産実務TIPS , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.