不動産鑑定士が不動産実務に役に立つ情報(TIPS)を綴ります

不動産実務TIPS

不動産実務

エコキュートが壊れたので買い換えました。修理費・工事費はいくら?

更新日:



エコキュートが壊れたので、「ヒートポンプユニット」「貯湯ユニット」ともに新しく買い換えました

エコキュートとは?

エコキュートとはヒートポンプ技術を利用し空気の熱で湯を沸かすことができる電気給湯機のうち、冷媒として、フロンではなく二酸化炭素を使用している機種の総称である。

エコキュートの寿命っていくらぐらいで、修理費・工事費用はいくらぐらいかかるんでしょうか?実際に新しく買い換えてみて、ここはもう少しこうした方が良かったなという反省もあります。

エコキュートの修理・工事を考えている人の参考になるように、気づいた点などを記事にしたいと思います。

スポンサーリンク

まずはエコキュートの説明を簡単にしていきます。

エコキュートの設備

エコキュートは「ヒートポンプユニット」「貯湯ユニット」という大きな装備により成り立っています

分からないという方のために図を用意しました。

エアコンの室外機のようなものが「ヒートポンプ」。お湯を貯めておく、背の高い箱が「給湯タンク」です。

エコキュートの寿命

エコキュートの寿命は、「ヒートポンプユニット」「貯湯タンク」ともに、10年が目安とされています。おおむね10~15年とはいうものの、10年を超えると故障も増えてきます。

新型が発売されて、生産終了したエコキュート(旧型)は、エコキュートの部品が10年程度しか保存されていないケースもあります。私の場合もそうでしたが、修理をする部品がないため、買い替えなければならないケースもでてきます。

寿命を延ばすためには、水抜きなどのメンテナンスをしっかりとする。エコキュートに適した入浴剤以外は使わないなど、取扱説明書にしたがった使い方・ケアをすることです。

特にヒートポンプは、電気回路の故障が、経年に従って増えてきます。

では、実体験に基づいてエコキュートを買い替えた話を続けたいと思います。

エコキュートが壊れたので買い替えました

お風呂が壊れました。具体的にいうと、エコキュートが故障してお湯が出なくなってしまいました。

エコキュートが故障したということは、お湯が全くでないので、キッチンのお湯も出ません。冬の寒い時期だったので、食器洗いなどもお湯が使えず大変つらい状態でした。

家のエコキュートは三菱製のものだったんですが、取扱説明書にある修理案内に電話して、点検をしてもらうことになりました。

三菱電機から依頼された人が点検にきてくれました(以下、点検員さん)。

点検員さんがいうには、故障しているのはヒートポンプユニットとのことでした。

エコキュート故障の状態

ヒートポンプの電子回路が故障。給湯タンクは正常で壊れていませんでした。

修理すると10数万円。点検員さんからは、取り付けてから13年も経っているので、ヒートポンプユニットと給湯タンクを交換してはいかがですか?との提案を受けました。

修理をするという選択肢もあったんですが、13年使ったということもありますし、以前も修理をしていたので、何度も修理を繰り返すのも嫌なので、ヒートポンプユニットと給湯タンクを新しいものにすることにしました。

点検員さんに聞くと、ヒートポンプユニットと給湯タンクを交換すると、工事費用も含めて70万円超とのことでした。

エコキュートの修理費・取り替え費用

  • 修理費(ヒートポンプ):10数万円
  • 取り替え費用(メーカー):70万円超

取り替えることに決めたものの、取り替え費用が70万円超というのはかなりの高額です。

メーカーの工事なので、割高なんじゃないかという不安がありました。

そこで水道などの配管工事をしている知人にエコキュートの工事もしているかどうかを聞いてみることにしました。

そうしたらなんとびっくりの回答。

エコキュートの交換だったら40万円台でできるよ。

とのことでした。

しかも、商品の仕入れから工事まで含めると2週間ぐらいかかるとメーカーには言われましたが、知人の会社ではその週の休日にやってくれるとのことです。

二つ返事で知人にお願いしてエコキュートを取り換え工事することにしました。

エコキュート取り換え工事の費用を全部開示します

最終的には42万円でエコキュートの取り換え工事をしてもらいました。

メーカーで工事するよりも何と30万円も安く工事をすることができました。

せっかくなので、請求書の内訳も開示しちゃいますね。

エコキュートの工事費の内訳

  • エコキュート本体価格:268,380円
  • エコパイプ:13,400円
  • ペアホース:5,850円
  • ペアホース部品セット:2,470円
  • 配管材:4,490円
  • 保温材:3,480円
  • 支持金物:1,250円
  • 工事費:45,000円
  • 消耗費、雑材料費:3,000円
  • 廃材処理:10,000円
  • 諸経費:35,000
  • 税抜き合計:392,320円(税込み合計:420,000円

エコキュートを安く取り付けるためには

メーカーに直接お願いすると工事費用はものすごく高いです。

私の例からも分かるとおり、安く工事をしてくれる工事業者は必ずいます。

では、どうやって安い工事業者を見つけるか。それは複数の工事業者に見積をお願いすることに尽きます。

私は運よく知り合いに工事業者がいたので安く工事をすることができました。しかし、本当ならもっと安く工事をしてくれる業者さんがいたかもしれません。

複数の工事業者の見積もりを取る。これだけで数万円、数十万円をうかすことができます。

ネットで簡単に見積り依頼ができる!

ここで紹介する住宅設備の総合サイト「棟梁ドットコム」では、ネットで簡単に見積を取ることができます。

工事実績もホームページで紹介されていますが、80%割引の税込み168,000円の工事という実績もあります。

もちろん色々な条件の下での価格なので、80%割引が保証されているわけではありませんが、見積もりを取るのは無料。安く工事をするためにもぜひ活用してみてください

→ 人気のエコキュートまずは無料でお見積もり!

楽天市場には工事込みのエコキュートも販売されています。

Amazonに次ぐネット市場、楽天市場ではエコキュートも販売されています。しかも工事費用込みです。

新しくエコキュートを考える場合、楽天市場での購入もお得なので、サイトを覗いてみてくださいね。




PICK UP記事と広告



-不動産実務

Copyright© 不動産実務TIPS , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.