不動産鑑定士が不動産実務に役に立つ情報(TIPS)を綴ります

不動産実務TIPS

不動産実務

家づくりの諸費用にはなにがある?用意しておくお金の目安。

投稿日:



最近まわりで家を建築する人が増えてきました。

不動産鑑定士という仕事柄、色々と相談を受けることも多いのですが、やはりお金の問題は気にかかるようです。

家づくりにかかるお金でみんなが気にするのは建物本体の工事費です。しかし、実際の家づくりでは、建物本体工事費は全体の金額のうち、7割程度なんです。

3000万円の家を建築するといった場合に、3000万円だけ用意していたんではお金が足りなくなります。さて、残りの3割はなんでしょうか?

残りの3割が「付帯工事費」「諸費用」と呼ばれるものです。

スポンサーリンク

家づくりにかかる費用

本体工事費用以外に3割のお金が必要だと書きました。

具体的には「付帯工事費」「諸費用」が、おおよその目安は次の水準です。

家づくりにかかる費用

  • 本体工事費:約70~75%
  • 付帯工事費:約15~20%
  • 諸 費 用:約10%

今日とりあげたい「諸費用」は全体のうち、10%の金額が目安とされています。

本体工事費3000万円の家をたてるのにいくら必要?

では、本体工事費が3000万円の家を建築しようとすると、全部でいくらかかるんでしょうか?

その他の費用(付帯工事費・諸費用)には200~300万円ぐらい用意しておけば良いでしょう?と思いがちですが、そうではありません。思いのほかお金が必要になってしまって、思ってたよりも多額のローンを組まなければいけないという事態にもなりがちです。

では、諸費用にはどんな費用があるんでしょうか?

家づくりの諸費用とは?

諸費用を「税金関係の費用」「ローン関係の費用」「その他の費用」の3つに分けて説明していきたいと思います。

税金関係の費用

  • 印紙税(設計契約・工事請負契約・ローン契約の印紙税)
  • 登録免許税(保存登記など)
  • 登録手数料
  • 不動産取得税

ローン関係の費用は、借入金が発生する場合にのみ発生します。

ローン関係の費用

  • 住宅ローン事務契約手数料
  • 住宅ローンの保証料
  • 団体信用生命保険料
  • 火災保険料・地震保険料
  • 登録免許税・手数料(抵当権設定登記)

その他の費用には様々なものが必要です。基本的に現金での支払いが多いので、キャッシュを用意しておく必要があります。

その他の費用

  • 祭事費(地鎮祭・上棟式)
  • 引っ越し費用(建て替えの場合は2度分)
  • 仮住まい費用(建て替えの場合)
  • 解体費用(建て替えの場合)
  • 粗大ごみ処分費用
  • 電話移設費
  • 水道加入料
  • 家具・電化製品
  • 近隣への挨拶料

建て替えの場合は、引っ越し費用、仮住まい費用、解体費用などがかかるので、通常よりも多くの諸費用が必要になります。

中でも解体費はそれだけで100万円を超す金額になってしまいますので、計画的な資金繰りが大切になります。

諸費用をコストダウンするには?

税金などは金額が決まっているので、削ることは難しいですが、住宅ローンにかかわる諸費用は借入先や借り方(金利の選択)の工夫で、大きなコストダウンが可能です。

住宅ローンの選定の際に重要なのは、1つでも多くの金融機関へ審査申し込みをすることです。しかし住宅ローンの審査申し込みには100項目以上の情報を記入する必要がある為、2つの銀行を比較するだけでも2時間以上かかる場合もあります。

複数の金融機関に申し込め!と書きましたが手間がかかり結構大変なんですね。

株式会社イッカツの運営する「一括審査申し込みが可能!住宅ローンの審査申し込みなら【住宅本舗】」であれば、最大6社の金融機関に一度の入力で審査申し込みが可能になります。何度も同じことを複数記入する必要もありません。

20分程度の入力時間で、ローン返済額の節約に成功することも!?ありえます。

住宅ローン

住宅ローンの審査って何が審査されるんだろう?と、心配になったかたは別記事で「住宅ローンの審査(仮審査・事前審査)の20つの基準。審査に落ちる人とは?」も書いています。

金融機関がどのような項目でローン申請者を審査するのかを詳しく解説していますので、是非参考にしてみてください。

良い土地を探したい!無料で情報が欲しい

良い土地を探したい!無料で情報が欲しい!

だけど、どうやって物件を探したら良いか分からない。という方もいると思います。地元の不動産屋さんにもまわってみたものの、もおっと良い情報があるんじゃないか?と探している方には「タウンライフ不動産売買」がおススメです。

ネット未公開の物件が多数掲載されており、会員になるだけで教えてくれるサービスを提供してくれています。提携している不動産業者は全国300社以上なので、まだ知らなかった物件を掘り出すことも可能です。

複数の不動産会社の情報を60秒ほどの会員登録で、しかも無料で手に入れることができます。

土地探し・家探しは、情報を手に入れることが大事なので、是非試してみてください。

タウンライフ不動産売買(無料登録)




PICK UP記事と広告



-不動産実務

Copyright© 不動産実務TIPS , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.