不動産鑑定士が不動産実務に役に立つ情報(TIPS)を綴ります

不動産実務TIPS

不動産実務

一般の個人が利用可能なレインズ(REINS)を使って土地相場を調べる。

投稿日:



不動産業者のみが使える不動産情報のサイトにレインズ(REINS:不動産流通標準情報システム)があります。

レインズは、国土交通大臣から指定を受けた不動産流通機構が運営する指定流通機構の会員不動産会社が、相互に不動産情報をやりとりするシステムで、会員しか使うことができません。

しかし、このレインズの保有する不動産取引価格情報を活用して情報提供を行っているサイトが、「不動産取引情報提供サイト(REINS Market Information)」です。

レインズの情報を一般の個人でも閲覧できてしまうんですね!

参考 国土交通省|「不動産取引情報提供サイト(REINS Market Information)」をリニューアルしました

スポンサーリンク

レインズマーケットインフォメーション

不動産業者が使うレインズは、東日本、中部圏、近畿圏、西日本の4地域に分かれて、それぞれサイトも分かれています。しかし、

一般利用が可能な「レインズマーケットインフォメーション」は一つのサイトで、全国の物件を調べることができます。

URL 不動産取引情報提供サイト「レインズ マーケット インフォメーション」

レインズマーケットインフォメーション の使い方

レインズ マーケット インフォメーションでは、マンションと戸建ての売買価格を調べることができます。

トップページから、都道府県と地域を選択して検索してみましょう。

詳細検索では、次の条件を設定して検索することができます。

選択できる条件

  • 建物種別(マンション・戸建て)
  • 都道府県
  • 地域・地域詳細
  • 沿線・最寄り駅・駅からの距離
  • 単価
  • 専有面積
  • 間取り
  • 築年数
  • 制約時期
  • 用途地域

選択したエリアの直近1年の取引情報グラフが表示されます。おおよその相場の幅が理解できると思います。

個別の取引情報も知ることができます。

業者が使うレインズとは違い、所在・地番までは分からないので物件を特定することはできません。しかし、所在が表示されるので地域の相場は十分分かると思います。

「レインズ マーケット インフォメーション」で調べられる調査項目は次のとおりです。

知ることができる取引情報

  • 沿線・最寄り駅・駅からの距離
  • 所在
  • 単価(万円/平米)
  • 専有面積
  • 間取り
  • 築年数
  • 制約時期
  • 用途地域

調べた取引情報をどう活用するか

土地価格やマンション価格を調べることによって、売買の参考となる価格を調べることができます。

住宅やマンションを買おうと思っているユーザーの方は、欲しいエリアの価格を調べることができます。相場を知ることで、不動産会社で物件を探す時も、その物件がお買い得な物件なのか、割高な物件なのかを知ることができます。

あまりに安い物件であれば、何か隠れた悪い点(瑕疵といいます)があるのか?と注意することもできます。

逆に、自宅を売却しようと思っているユーザーの方は、売却を依頼した不動産業者の査定価格が高いか安いかを自分でもチェックすることができます。

特に業者が直接買い取る場合には、往々にして安く買い叩かれるケースが多いです。

安い値段で売らされるようなことがないように、きちんと自分の家がいくらぐらいの価値があるのかを調べることが重要です。

スポンサーリンク

土地価格をもっと調べるには?

土地価格を調べるサイトはほかにもいくつかあります。

詳細は別記事「土地価格・地価・相場の調べ方。土地価格査定について解説します。」で紹介していますので、是非読んでください。

今日紹介したレインズよりももっとたくさんの取引事例を調べることができますし、公的な価格を調べることもできます。

土地価格・地価・相場の調べ方。土地価格査定について解説します。

土地価格・地価・相場。それぞれ言い方はありますが、不動産の価格、特に土地の価格を調べるにはどのような方法があるでしょうか? 私は不動産鑑定士という不動産の価格に関する専門家をしていますが、一般の方は意 ...

不動産の売買は、大きな金額が動くので金銭感覚がマヒしがちです。

自分でもきちんと不動産価格を調べて、不動産業者の言いなりにならないようにしたいものです。




PICK UP記事と広告



-不動産実務

Copyright© 不動産実務TIPS , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.