不動産鑑定士が不動産実務に役に立つ情報(TIPS)を綴ります

不動産実務TIPS

不動産実務

坪単価の計算。土地の平米と坪の換算方法を説明します。

更新日:



不動産業界では、という単位を使って話をすることが多いです。

坪は平米と同じで面積を表す単位ですが、坪と単位の換算はどのように計算すればよいでしょうか。具体的な計算例で説明します。

40坪は何平米?

坪と平米の換算に使う数字は0.3025です。簡易な数字として0.3025の逆数の3.3を使う人もいますが、より正確な0.3025を覚えてください。

では、見出しにあるように「40坪は何平米でしょうか?」

平米 = 坪 ÷ 0.3025

で、計算します。40坪で計算すると

40坪 ÷ 0.3025 = 132平米

逆に平米を坪にするには、0.3025を掛けましょう。

坪100万円は平米当たりいくら?

面積ではなく、単価の計算の換算も同じく0.3025を使えば計算できます。

平米単価 = 坪単価 × 0.3025

これも見だしの「坪100万円は平米当たりいくら?」を具体的に計算してみましょう。

1坪当たり 100万円 × 0.3025 =1平米当たり 302,500 円

0.3025ってどこからきた?

当たり前のように0.3025を覚えてくださいと書きましたが、この0.3025はどこからきたんでしょうか?

明治時代に「1尺=10 ÷ 33m」と定められました。

一坪というのは「6尺 × 6尺」の大きさです。

計算式にしてみましょう。

1坪 =(6×10÷33)×(6×10÷33)平方メートル

この式をもう少し簡単にすると、

1坪 =(400÷121)平方メートル

となります。0.3025というのは(400÷121)の逆数、つまり(121÷400)のことなのです。

0.3025 = 121 ÷ 400

また、400÷121を計算すると「3.305 785 124・・・」となり、割り切れません。

0.3025に代わるものとして簡便な3.3を使う人もいますが、端数が出てきてしまい、正確ではなくなってしまうということが分かると思います。

まとめ

坪は尺貫法の単位です。正式な書類には、坪を使うと違法になるので注意が必要です。

参考 1坪は何平米(㎡)?間の読み方は?何メートル?坪、間などの尺貫法の単位について

坪単価というと家づくりの際の建築単価でもよくでてきますね。住宅の坪単価の比較には落とし穴がたくさん!そんな記事も書いています。

参考 住宅の坪単価とは?比較するときは床面積の違いに注意しましょう




PICK UP記事と広告



-不動産実務

Copyright© 不動産実務TIPS , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.