不動産鑑定士が不動産実務に役に立つ情報(TIPS)を綴ります

不動産実務TIPS

ツール

「いずれ」と「いづれ」どちらが正しい?漢字表記や意味の違いと使い分けを説明します。

投稿日:



「いずれ」と「いづれ」。

音が同じなので間違えやすい言葉の一つですが、どちらの表記が正しいのでしょうか?

いづれ VS いずれ

スポンサーリンク

”いずれ” と ”いづれ”の正しいのは?

正解は「いずれ」です。

現代用語では「いずれ」が正解ですが、「いづれ」は歴史的仮名づかいでの表記になります。

現代文を書く場合には「いずれ」が正解となりますが、古文では「いづれ」が用いられていました。有名な源氏物語の一節にも「いづれ」が用いられていますね。

いづれの御時にか、女御、更衣あまた候ひ給ひける中に、いとやむごとなき際にはあらぬが、すぐれて 時めき給ふありけり。

意味を参考までに書いておきますと、「いつの時代だったでしょうか、女御や更衣がたくさんお仕えしていたときに、そんなに高貴な身分ではない方で、際立って帝の御寵愛を受けている者がいました」という感じでしょうか。古文ブログではないので、正確でなかったらすいません。

スポンサーリンク

「いずれ」の意味

いずれは「代名詞」です。もう少し詳しく説明すると「不定称の指示代名詞」といいます。

意味は「どれ、どちら、どっち」で、2つ又はそれ以上あるもの(物、場所、時など)の中から一つ選ぶときに使う語です。

いずれの例文

  • いずれの物も名品ぞろいだ
  • 合否いずれの場合も通知します」

代名詞のほかに「副詞」としての意味もあります。

いずれの意味(副詞)goo辞書より

  1. いろいろな過程を経たうえでの結果をいう。いずれにしても。結局。「その場はごまかせても―ばれるに決まっている」
  2. あまり遠くない将来をいう。そのうちに。近々。「―改めて伺います」

「いずれ」の漢字表記

漢字表記は「何れ」「孰れ」です。

「孰れ」は漢文表記に充てられた漢字のため、ほとんど使われません。難読漢字としてクイズ番組でも読み方が問われたりもしますね。

まとめ

分かりましたでしょうか?

他と外の使い分けについても、記事「「外」と「他」の違い、使い分けについて。公用文での扱いも説明します。」を書いています。

あわせて読んでみてくださいね。

PICK UP記事と広告



-ツール

Copyright© 不動産実務TIPS , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.